機能満載のハイエンドゲーミングMini-ITX、ASUS「MAXIMUS VII IMPACT」13日発売

2014.09.12 11:24 更新

2014.09.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2014年9月12日、ゲーミングブランド「R.O.G.」シリーズから、Intel Z97 Expressを搭載するMini-ITXマザーボード「MAXIMUS VII IMPACT」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は9月13日で、市場想定売価は税抜26,852円前後。
  • 機能満載のハイエンドゲーミングMini-ITX、ASUS「MAXIMUS VII IMPACT」13日発売
  • 機能満載のハイエンドゲーミングMini-ITX、ASUS「MAXIMUS VII IMPACT」13日発売

垂直配置設計により、コンパクトながら機能満載のゲーミングMini-ITX

MAXIMUS VII IMPACT 市場想定売価税抜26,852円前後(発売)
http://www.asus.com/jp/News/SOLFM1u2MmmDh6p0
http://www.asus.com/jp/Motherboards/MAXIMUS_VII_IMPACT/

「COMPUTEX TAIPEI 2014」のプレスイベントにてお披露目された、「R.O.G.」シリーズに属するIntel Z97 Expressチップ搭載Mini-ITXマザーボード「MAXIMUS VII IMPACT」の国内発売が、明日13日より開始される。

8+2フェーズの高性能デジタル電源回路「Impact Power II」をはじめ、専用オーディオ機能「SupremeFX Impact II」、M.2とPCI-Express2.0 Mini Cardスロットを搭載する「mPCIe Combo IV」、4pin×2のファン接続ハブ「Impact CoolHub」をそれぞれ垂直基板で実装。コンパクトながら、ハイエンドモデルに匹敵する充実した機能を備えるのが特徴だ。

また搭載コンポーネントにもこだわり、電源回路には一般的なコンデンサの5倍の寿命を持つ「10K Black Metallic Capacitors」、60Aの大電流に対応するチョークコイル「60A BlackWing Choke」、90%の高効率を通常の半分のサイズで実現した「NexFET Power Block」を搭載。ギガビットLANチップは、低遅延かつハイパフォーマンスなIntel I218Vが採用され、3ステージ静電気保護回路「LANGuard」を備える。

その他、すべてのキーボードにマクロ機能を追加する「KeyBot」や、敵の足音を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar II」などの独自ソフトウェアに対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop