ASUSTeK、R9 295X2を1スロットに収めた完全水冷仕様の世界最速グラフィックス「Ares III」

2014.09.05 11:05 更新

2014.09.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2014年9月4日(現地時間)、1スロットの水冷仕様にカスタムしたRadeon R9 295X2搭載グラフィックスカード「ARESIII-8GD5」を発表した。全世界500台の限定生産で、9月中に発売が開始される。
  • ASUSTeK、R9 295X2を1スロットに収めた完全水冷仕様の世界最速グラフィックス「Ares III」
  • ASUSTeK、R9 295X2を1スロットに収めた完全水冷仕様の世界最速グラフィックス「Ares III」

世界最速かつ1スロット、冷却性能もアップしたモンスターグラフィックス

ASUSTeKより、独自カスタマイズ仕様のRadeon R9 295X2搭載グラフィックスカード「ARESIII-8GD5」が近く登場。全世界で500台限定生産のプレミアムモデルで、製品本体にはシリアルナンバーも刻印される。GTX Titan Z比で15%高速とされ、“世界最速のデュアルGPUグラフィックス”を謳う。

EK Water Blocks(HQ:スロベニア共和国)製の水冷クーラーを装備、デュアルGPUのパフォーマンスを1スロット仕様に収めたのが最大の特徴。優れた冷却性能を誇り、リファレンス比で25%発熱を抑えることができる。
 また、ASUSTeK自慢の高品質コンポーネント「Super Alloy Power」構成の独自基板を採用。高効率なBlack metallic capacitorはじめ多数の高品位パーツが実装されるほか、16フェーズのデジタル電源回路「Digi+ VRM」を搭載。高度なオーバークロックパフォーマンスを発揮する。

ブーストクロック1,030MHz(リファレンス1,018MHz)へチューンされたネイティブオーバークロック仕様で、メモリクロックは5,000MHz、メモリバス幅512bit×2、GDDR5 8GBメモリを実装する。補助電源は8pin×3構成。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1の3系統を備える。

文: GDM編集部 絵踏 一
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop