アルミニウム板一体成型のオープンエアケース、In Win「S-Frame」8月発売。価格は約9万円

2014.07.18 17:30 更新

2014.07.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
In Win Development Inc.(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2014年7月18日、4mm厚アルミニウム板一体成型のオープンエアPCケース「S-Frame」(型番:SST-ML07B)について、新規取り扱い開始を発表した。発売は8月予定で、市場想定売価は税抜90,000円前後。
  • アルミニウム板一体成型のオープンエアケース、In Win「S-Frame」8月発売。価格は約9万円
  • アルミニウム板一体成型のオープンエアケース、In Win「S-Frame」8月発売。価格は約9万円

全世界500台限定のデザイナーズPCケースが8月発売

S-Frame(型番:SST-ML07B) 
市場想定売価税抜90,000円前後(8月発売予定)
http://www.cfd.co.jp/pc_case/release/release20140718_pccase.html
http://www.cfd.co.jp/pc_case/in_win/s-frame.html

「COMPUTEX TAIPEI 2014」にて注目を浴びた、In Winブランドの新作オープンエアケース「S-Frame」の国内発売が8月より開始される。

最大の特徴は、4mm厚のアルミニウム板を15回の曲げ工程により成型したという、スタイリッシュなシャーシデザイン。さらに両サイドパネルには、5mm厚の強化ガラスパネルを組み合わせることで、非常に美しいオープンエアPCケースに仕上げられている。

両サイドにはIn Winお得意の強化ガラスパネルを採用。ブラックを基調にシャイニーレッドのアクセントが印象的なデザインだ

さらに折り曲げ加工により、ハードディスク、グラフィックスカード、電源ユニットを、独立したコンパートメントに配置。相互の熱干渉を排除できる機能的にも優れる構造にした。

折り曲げ加工により熱源を区画ごとに分離することで、冷却効率を高めている

ドライブベイレイアウトは2.5/3.5インチシャドウベイ×4、拡張スロットは8段。電源ユニットは奥行220mmまでのATX電源をサポート。冷却システムは底面120mmファン×3を搭載でき、360mmの水冷用ラジエターもマウントできる。

対応フォームファクタは、ATX、MicroATX。I/Oポートは、USB3.0×4、HDオーディオ×2で、外形寸法は、W313×D755×H560mm、重量17.41kg。なおこのモデルは全世界500台の完全限定生産で、1台ごとにシリアル番号が刻印される。

製品には1台ごとに1~500までのシリアルナンバーが刻印される

文: GDM編集部 池西 樹
CFD販売株式会社: http://www.in-win.com.tw/
In Win Development Inc.: http://www.in-win.com.tw/

totop