GIGABYTE、「BLACK EDITION」のGTX 750Ti搭載カード「GV-N75TWF2BK-2GI」など3製品リリース

2014.06.04 15:47 更新

2014.06.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2014年6月4日、GeForce GTX 750Ti搭載の「GV-N75TWF2BK-2GI」と、GeForce GT 740を搭載する「GV-N740D5OC-1GI」「GV-N740D5OC-2GI」のグラフィックスカード3製品について、新規取り扱い開始を発表した。

ミドルレンジ・ローエンド向けのOC仕様グラフィックス3製品

GV-N75TWF2BK-2GI 市場想定売価税抜19,980円前後(6月上旬発売予定)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-n75twf2bk-2gi.html
GV-N740D5OC-1GI 市場想定売価税抜10,980円前後(発売中)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-n740d5oc-1gi.html
GV-N740D5OC-2GI 市場想定売価税抜11,980円前後(発売中)
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-n740d5oc-2gi.html

「GV-N75TWF2BK-2GI」は、NVIDIAのミドルレンジGPU GeForce GTX 750 Tiを搭載するグラフィックスカード。その中でも特に耐久性と信頼性に優れる「BLACK EDITION」のモデルで、168時間(7日間)に渡るサーバーグレードの負荷テストにより、最高峰の品質が証明されている。

冷却機構には、GIGABYTE自慢のミドルレンジ向けオリジナルクーラー「WINDFORCE 2X」を採用。大口径のデュアルファンと大型の純銅ヒートパイプにより、効率よく冷却を行う。
 また、スペックはコアベースクロック1,162MHz(リファレンス:1,020MHz)、ブーストクロック1,242MHz(リファレンス:1,085MHz)へとチューンされたオーバークロック仕様。メモリクロックは5,400MHzで、メモリバス幅128bitのGDDR5 2GBメモリを実装する。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、補助電源は6pin×1仕様。出力インターフェイスは、DVI-I×1、DVI-D×1、HDMI×2の3系統。

GV-N740D5OC-1GI GV-N740D5OC-2GI

また、同時にGeForce GT 740搭載グラフィックスカード「GV-N740D5OC-1GI」「GV-N740D5OC-2GI」の2製品もリリースされた。

コアクロック1,071MHz(リファレンス:993MHz)へとオーバークロックされたカスタム仕様で、冷却機構は大口径のシングルファンを搭載したオリジナルクーラーを採用する。なお、メモリ仕様はメモリクロック5,000MHz、メモリバス幅128bit。「GV-N740D5OC-1GI」がGDDR5 1GB、「GV-N740D5OC-2GI」がGDDR5 2GBを実装している。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、補助電源はそれぞれ6pin×1構成。出力インターフェイスはDVI-D×2、HDMI×1、D-Sub×1の3系統を備える。

文: GDM編集部 絵踏 一
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.jp/

totop