ASUS、「MAXIMUS VI EXTREME」とCore i7-4770Kで、CINEBENCH R15の世界記録を更新

2014.03.31 12:05 更新

2014.03.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2014年3月31日、R.O.G.シリーズのフラッグシップマザーボード「MAXIMUS VI EXTREME」とCore i7-4770Kにて、CINEBENCH R15のワールドレコードを更新したことを発表した。
  • ASUS、「MAXIMUS VI EXTREME」とCore i7-4770Kで、CINEBENCH R15の世界記録を更新

6.37GHz駆動のCore i7-4770KでCINEBENCH R15を完走

ASUSは3月31日付けプレスリリースにおいて、LGA1150向けフラッグシップマザーボード「MAXIMUS VI EXTREME」を使用した極冷オーバークロックで、CINEBENCH R15の世界最高記録を達成したことを発表した。

今回記録に挑戦したのは、世界的に著名なオーバークロッカー8 Pack氏。冷却には液体窒素を使い、Core i7-4770Kを6.37GHzまでオーバークロック。さらにCORSAIR製メモリ「Vengeance Pro」シリーズ(2,700MHz/CL9)を組み合わせることで、4コアCPU部門では世界最高となる1293cbを達成した。

なお今回のスコアはHWBOT.orgに正式記録として登録されているため、興味のある人は確認してみるといいだろう。

文: GDM編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop