エーキューブ、AMD版“NUC”こと100mm角PC「Pallavec STB」シリーズ発表

2014.03.07 18:30 更新

2014.03.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社エーキューブ(本社:東京都千代田区)は2014年3月6日、AMD GシリーズSoCを搭載する100mm角コンパクトPC「Pallavec STB」シリーズを発表した。プロセッサの違いにより2モデルがラインナップされ、2014年春より発売が開始される予定。
  • エーキューブ、AMD版“NUC”こと100mm角PC「Pallavec STB」シリーズ発表
  • エーキューブ、AMD版“NUC”こと100mm角PC「Pallavec STB」シリーズ発表

AMD Gシリーズを搭載する100mm角コンパクトPC

Pallavec STBシリーズ(2014年春発売予定)
Pallavec STB QFGX415GS(型番:APS-QFGX415GS)
市場想定売価税別98,000円
Pallavec STB QFGX217GS(型番:APS-QFGX217GS)
市場想定売価税別90,000円
http://www.acube-corp.com/
※掲載時、製品情報なし

エーキューブより、FT3 BGAパッケージ対応SoC、AMD Gシリーズを搭載する100mm角コンパクトPC「Pallavec STB」シリーズがリリースされた

AMD Gシリーズは、JaguraコアのCPUとDirectX 11.1/Open CL 1.2に対応するRadeon 8000シリーズGPUを統合したSoC。省電力ながら高い3D性能を実現し、コンパクトPCに最適とされる。また「Pallavec STB」シリーズでは、HDMI×2のディスプレイ出力を備え、単体でフルHDのデュアルディスプレイ環境を構築できる。

主なスペックは、メモリスロットがDDR3 SO-DIMM×2(最大16GB/対応電圧1.25v、1.35V、1.50V)、ストレージはmSATA×1、拡張スロットはminiPCI-Express×1を搭載。インターフェイスはUSB3.0×2、USB2.0×2、ギガビット有線LAN×1を備え、OSはWindows 8.1/8/7の他、Windows Embedded 8/7とLinuxシリーズに対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社エーキューブ: http://www.acube-corp.com/

totop