オーバークロッカー必読。5GHzも狙える「MAXIMUS VI FORMULA」向けOCガイドがASUSから

2014.01.30 16:51 更新

2014.01.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2014年1月30日、ゲーミングブランド「R.O.G.」サイトにおいて、「MAXIMUS VI FORMULA」向けオーバークロックガイドを発表した。
  • オーバークロッカー必読。5GHzも狙える「MAXIMUS VI FORMULA」向けOCガイドがASUSから
  • オーバークロッカー必読。5GHzも狙える「MAXIMUS VI FORMULA」向けOCガイドがASUSから

Core i7-4770K/i5-4670Kで5GHzを狙えるオーバークロック手順

ASUSTeKは、ゲーミングブランド「R.O.G.」サイトにおいて、Intel Z87 Express搭載マザーボード「MAXIMUS VI FORMULA」向けオーバークロックガイドを発表した。

オーバークロックガイドでは、「CPU/マザーボードの冷却方法」や「フリーズした場合の対処」などハードウェア的な内容から、「UEFI BIOSの設定」や「オススメ手順」などソフトウェア的な内容まで詳細に解説。特に重要な電圧設定については、推奨設定値も記載され、オーバークロックを狙うユーザーは必読だ。

Haswellでは、ヒートスプレッダの関係で冷却が難しくなっているが、ASUSTeKによれば、4.50GHzなら70%、4.80GHzなら10%のCPUで安定動作が可能。さらにCPUによっては5.00GHzも狙えるとのこと。

ASUSTeKによれば、“アタリ”CPUを引ければ、5.00GHz駆動も十分に狙えるとのこと

文: GDM編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop