NVIDIA、メモリ容量12GB、ピーク性能4.29TFLOPのエンタープライズ向けGPU「Tesla K40」発表

2013.11.19 15:13 更新

2013.11.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2013年11月18日(現地時間)、CUDAコア2,880基のエンタープライズアプリケーション向けGPUアクセラレータ「Tesla K40」を発表した。
  • NVIDIA、メモリ容量12GB、ピーク性能4.29TFLOPのエンタープライズ向けGPU「Tesla K40」発表

GDDR5 12GBメモリを搭載したエンタープライズ向けGPU

「Tesla K40」は、科学演算やビッグデータ分析など、大規模な演算処理が必要になるエンタープライズアプリケーション向けGPUアクセラレータ。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)。

既存モデル「Tesla K20X」の上位にあたるフラグシップモデルで、GPUコアはGK110B、CUDAコア数2,880基、メモリ帯域は288GB/secで、GDDR5 12GBの大容量メモリを搭載する。ちなみにピーク性能は、倍精度浮動小数点演算が1.43TFLOPS、単精度浮動小数点演算が4.29TFLOPSとされ、最新CPUとの比較では約10倍高速な演算が行えるという。

なお製品の出荷は本日より開始され、数ヶ月以内にはASUSTeK、Cray、Dell、HP、IBM、SGI、Supermicro、Tyanなどから搭載製品の販売が開始される。

文: GDM編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop