AMD、12GBメモリを搭載したサーバー向けグラフィックスカード「FirePro S10000 12GB」発表

2013.11.15 10:55 更新

2013.11.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2013年11月14日(現地時間)、12GBの大容量メモリを搭載したサーバー向けグラフィックスカード「FirePro S10000 12GB」を発表した。発売は2014年春頃の予定。
  • AMD、12GBメモリを搭載したサーバー向けグラフィックスカード「FirePro S10000 12GB」発表

単一グラフィックスカード最高峰のパフォーマンスを実現

AMDのサーバー向けグラフィックスカード「FirePro S10000」にメモリ容量を倍増させたフラグシップモデル「FirePro S10000 12GB」が登場した。

ビデオメモリにはGDDR5 ECC 12GBが搭載され、単一サーバー用グラフィックスカードでは最高レベルのパフォーマンスを実現。金融、航空、デザイン、エンジニアリングなど、ビックデータ処理の高速化を可能にする。

GPUは、Tahitiベースコアをデュアルで搭載し、ストリームプロセッサ数は3,584基(1,792×2基)。接続インターフェイスはPCI-Express 3.0(×16)で、対応APIはOpenGL 4.2、DirectX 11.1、OpenCL 1.2。出力インターフェイスはDVI×1、MiniDisplayPort×1で、大型のパッシブヒートシンクを搭載する。なお発売は2014年春頃が予定されている。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop