Intel、Ivy Bridge-EP採用のXeonプロセッサ「E5-2600/1600 v2」シリーズ発表

2013.09.11 16:00 更新

2013.09.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年9月10日(現地時間)、製造プロセス22nmのIvy Bridge-EPを採用したXeonプロセッサ「E5-2600/1600 v2」シリーズを発表した。
  • Intel、Ivy Bridge-EP採用のXeonプロセッサ「E5-2600/1600 v2」シリーズ発表

プロセス微細化とコア数増加で、エネルギー効率最大45%、パフォーマンス最大50%向上

Intel Xeon E5-2600/1600 v2シリーズ
http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2013/09/10/

Intelは、データセンター向けXeonプロセッサの新モデルとして、Ivy Bridge-EPを採用した「E5-2600/1600 v2」シリーズを発表した。

昨年3月に発売が開始された「E5-2600/1600」シリーズの後継モデルにあたり、製造プロセスが32nmから22mmへ微細化。また最大コア数も8コアから12コアへと強化され、Intelによればエネルギー効率は最大45%、パフォーマンスは最大50%向上しているとのこと。

用意されるラインナップは、デュアルCPU対応の「E5-2600 v2」シリーズが、E5-2697 v2(12コア/24スレッド/定格2.70GHz/TB時3.50GHz/L3キャッシュ30MB/TDP130W)を筆頭に18モデル。シングルCPU対応の「E5-1600 v2」シリーズが、E5-1660 v2(6コア/12スレッド/定格3.70GHz/TB時4.00GHz/L3キャッシュ15MB/TDP130W)を筆頭に3モデルの計21モデル。なお各モデルのスペックは以下の通り。

Intel_XeonE2600V2_496x713

文: GDM編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop