Microsoft、公開に先駆け開発者向けに「Windows 8.1」RTM版の提供をスタート

2013.09.10 11:10 更新

2013.09.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Microsoft Corporation(本社:アメリカ ワシントン州)は2013年9月9日(現地時間)、MSDNおよびTechNetにおいて、開発者向けに「Windows 8.1」のRTM版を提供開始した。
  • Microsoft、公開に先駆け開発者向けに「Windows 8.1」RTM版の提供をスタート

Microsoft方針転換。ユーザーの声を受け従来通りのRTM版先行公開へ

Microsoftより、Windows 8の次期大型アップデート「Windows 8.1」RTM版が開発者向けに先行で提供開始された。TechNetではすでにダウンロード配信が始まっており、日本語版も用意されている。

すでにPCベンダーに対し提供が開始されているWindows 8.1だが、当初開発者向けの先行公開は予定されていなかった。従来とは異なり一般公開と同じ10月18日(日本時間17日21:00)の提供開始がアナウンスされていたが、多くのユーザーの声を受け方針を転換。慣例通り開発者向けのRTM版が一足早く提供開始されることになった。

なお、開発者がWindows 8.1向けアプリの開発に必要な「Visual Studio 2013」については、本日よりRC版の公開が開始されている。

文: GDM編集部 絵踏 一
Microsoft Corporation: http://www.microsoft.com/

totop