ダブルセキュリティ機能搭載の耐衝撃ポータブルHDD、アイ・オー・データ「HDPD-SUT」

2013.04.03 16:03 更新

2013.04.03 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市)は2013年4月3日、ハードウェア暗号化とパスワードロック機能を搭載した、耐衝撃ポータブルHDD「HDPD-SUT」シリーズを発表した。容量ラインナップは500GBと1TBの2種類で、発売は4月下旬の予定。
  • ダブルセキュリティ機能搭載の耐衝撃ポータブルHDD、アイ・オー・データ「HDPD-SUT」
  • ダブルセキュリティ機能搭載の耐衝撃ポータブルHDD、アイ・オー・データ「HDPD-SUT」

セキュリティ対策万全な堅牢ポータブルHDD

HDPD-SUTシリーズ(4月下旬発売予定)
HDPD-SUT500K(500GB) 市場想定売価税込12,810円
HDPD-SUT1.0K(1TB) 市場想定売価税込16,485円
http://www.iodata.jp/news/2013/newprod/hdpd-sut.htm
http://www.iodata.jp/product/hdd/portable/hdpd-sut/

高さ122cmからの落下試験(MIL-STD)をクリアした、耐衝撃ボディ採用のポータブルHDD。容量ラインナップは1TBと500GBの2種展開。

外装部には傷がつきにくく耐久性に優れた「熱可塑性ポリウレタンエラストマー」(TPU)、内装部には衝撃性に強い「ポリカーボネート」(PC)を採用。内部四隅には衝撃吸収ダンパーによるフローティング構造で、落下の衝撃を吸収する。

またセキュリティ対策も万全。データはすべて自動で暗号化される「ハードウェア自動暗号化」と、パスワード認証によりデータアクセスが可能になる「パスワードロック」のダブルセキュリティ仕様。万一の盗難や紛失でも重要なデータの流出を防ぐことができる。

インターフェイスはUSB3.0/2.0で、フォーマットはNTFS。設置条件は横置きで、外形寸法はW84×D120×H19mm、重量約180g。電源はバスパワー駆動に対応。製品保証は1年間で、USB3.0ケーブル(30cm/80cm)各1本、パスワードロックソフトウェア「SHGate」、初期化ソフトウェアが付属する。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社アイ・オー・データ機器: http://www.iodata.jp/

totop