アイ・オー・データ、約90MB/secアクセス対応NAS、「HDL-AS」シリーズ2月中旬発売

2013.01.30 14:40 更新

2013.01.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市)は2013年1月30日、読込90MB/secアクセスに対応したLAN接続型HDD(NAS)、「HDL-AS」シリーズを発表した。ラインナップは2TBと3TBの2機種で、いずれも2月中旬より発売が開始される。
  • アイ・オー・データ、約90MB/secアクセス対応NAS、「HDL-AS」シリーズ2月中旬発売
  • アイ・オー・データ、約90MB/secアクセス対応NAS、「HDL-AS」シリーズ2月中旬発売

読込約90MB/secを超える快適なNASシステム

HDL-A2.0S 市場想定売価税込26,565円(2月中旬発売)
HDL-A3.0S 市場想定売価税込36,645円(2月中旬発売)
http://www.iodata.jp/news/2013/newprod/hdl-as.htm
http://www.iodata.jp/product/hdd/lanhdd/hdl-as/

高速CPUを採用することで、従来機種の約4倍となる、90MB/secのデータ読込を実現するNAS新製品。

ストレージ容量の低いUltrabookをはじめ、スマートフォンやタブレット端末のストレージとしても利用可能。アプリを使用しない、ブラウザベースのアクセス方式「リモートリンク2」(HDL-AS版)を使えば、外出先からNASへアクセスすることができる。さらに、指定フォルダをクラウドストレージサービス「Dropbox」と連携させることで、電源OFF時でも外出先からファイルにアクセス可能。スマートフォンで撮影した画像や動画をアップロードすることもできる。

その他、録画対応TVから地デジ番組がダビングできる「スカパー!プレミアムサービスLink」(DTCP-IP)をサポートするほか、USB機器をネットワークで使える「net.USB」にも対応。

外形寸法は、W45×D138×H168mm、重量約1.2kg。インターフェイス1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、USB2.0(Aコネクタ)×2。付属品は、LANケーブル1m、ACアダプタ、ACコード、サポートソフトウェア(CD-ROM)など。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社アイ・オー・データ機器: http://www.iodata.jp/

totop