インテル、ローエンドを置き換える20nmNANDフラッシュ採用SSD「Intel SSD 335」シリーズ発表

2012.10.30 14:40 更新

2012.10.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
インテル株式会社(本社:東京都千代田区)は2012年10月30日、20nmプロセス製造のエントリー向けSSD「Intel SSD 335」シリーズを正式発表した。ラインナップは240GBの1モデル。
  • インテル、ローエンドを置き換える20nmNANDフラッシュ採用SSD「Intel SSD 335」シリーズ発表

20nmNANDフラッシュ初採用のエントリー向けSSD新定番モデル

20nmプロセスのNANDフラッシュを採用するエントリー向けSSDの新モデル「Intel SSD 335」シリーズインテルより発表。「Intel SSD 330」シリーズの後継モデルにあたるSATA3.0(6Gbps)対応SSDで、パーツショップ各店では20日より販売が開始されている。容量ラインナップは240GBモデルのみ。

シーケンシャル読込は500MB/s、書込は450MB/sで、ランダム4K読込は42,000IOPS、ランダム4書込は52,000IOPS。消費電力は動作時350mW(330:850mW)、アイドル時275mW(330:600mW)と、20nmプロセス採用により大きく改善した。ドライブ形状は2.5インチの9.5mm厚。

文: GDM編集部 絵踏 一
インテル株式会社: http://www.intel.co.jp/

totop