エアリア、ポート切り替えHybrid Jumper搭載のPCIe(x1)eSATA/SATA拡張カード

2012.10.23 14:33 更新

2012.10.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社エアリア(本社:東京都世田谷区)は2012年10月23日、使いたいポートをジャンパーピンで選択できる“Hybrid Jumper”を搭載するPCI-Express(x1)対応eSATA/SATA拡張カード「TWIN TURBO HYBRID TYPE B (TTH Type.B)」(型番:SD-PESA3ES2L)を発表した。出荷開始は11月12日で、市場想定売価は税込2,980円。
  • エアリア、ポート切り替えHybrid Jumper搭載のPCIe(x1)eSATA/SATA拡張カード
  • エアリア、ポート切り替えHybrid Jumper搭載のPCIe(x1)eSATA/SATA拡張カード

ジャンパー設定で4つの顔を持つ、eSATA/SATA拡張カード

TWIN TURBO HYBRID TYPE B(型番:SD-PESA3ES2L)
市場想定売価税込2,980円(11月12日出荷開始予定)
http://www.area-powers.jp/product/pcie/sata/pesa3es2l.html

TWIN TURBO HYBRID TYPE B

TWIN TURBO HYBRID TYPE B

 バスインターフェイスPCI-Express(x1)に対応する、eSATA/SATA2ポート拡張カードの新製品。市場に出回る類似製品との最大の違いは、ポート切り替えに対応するHybrid Jumperと呼ばれるジャンパーピンを基板上に実装。設定の組み合わせにより、(1)内部SATA×2ポート、(2)外部eSATA×1/内部SATA×1、(3)外部eSATA×2、(4)外部eSATA×1/SATA×1(使用ポート違い)の計4通りの使い方ができる。なお同時に使用できるポートは2ポートまで。

また、拡張カードながらHDDアクセスLEDピンを装備。マザーボードのアクセスLEDピンと、PCケースのアクセスLEDピンを接続することで、マザーボード接続のHDD動作時、「TWIN TURBO HYBRID TYPE B」接続のHDD動作時いずれもアクセスLEDが点灯する。

外形寸法は76×64mm、重量47g。搭載コントローラーは、ASMedia製で、製品にはロープロファイルブラケットが付属する。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社エアリア: http://www.area-powers.jp/

totop