エルミタ的一点突破 Vol.49

ロープロファイルクーラーの決定版、サイズ「大手裏剣参」検証

2019.02.04 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕/池西 樹(テストセッション)

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

サイズ「大手裏剣参」の外観デザイン ~ヒートシンクと冷却ファン~

ここからは評価サンプルをパッケージから取り出し、「大手裏剣参」の外観デザインからヒートシンク、冷却ファンまで個別に詳細をチェックしていこう。

big3_08_1024x768
全高わずか69mmに抑えたロープロファイルスタイル。それでも受熱ベース、ヒートパイプ、アルミニウム製放熱フィン(ヒートシンク)、冷却ファンと、大型CPUクーラーと同じ部品構成で成形されている
big3_03_1024x768
リテンションは初代がプッシュピン、2代目がバックプレート式、そして3代目は「ブリッジ式リテンション」(スプリングスクリュー)へと進化を果たした

ヒートシンク(アルミニウム製放熱フィン)

ヒートシンクは総数68枚のアルミニウム製放熱フィンで構成。薄型放熱フィンを幾層にも重ねる設計は、サイズオリジナルCPUクーラーが得意とする手法で、表面積をできる限り稼ぐセオリー通りのスタイルと言える。

big3_10_1024x768 big3_11_1024x768
ヒートシンクはブリッジ式リテンションのスプリングスクリュー部をカット。受熱ベースの”意図した位置関係”がよく分かる
big3_12_1024x768
ヒートシンク先代、先々代には無かったコの字の枠が「参」の特徴。冷却ファンのマウント方法がワイヤークリップ式からネジ留め式に変更。ネジを固定する台座の役割を果たす

高精度ベース構造と5本のヒートパイプ

前作からの大きな変更点と言えば、受熱ベース部だ。「大手裏剣参」では、多くのサイズオリジナルCPUクーラーが採用する「高密度ベース構造」を採用。接続されるヒートパイプとの密着率を高める”掘り込み式”になった。ちなみにφ6mmのヒートパイプは5本構成。エルミタではお馴染みのサイズ開発担当S氏によると、開発段階では6本だったものを、周辺コンポーネントとの物理的干渉を避けるオフセットを考慮するにあたり、製品版では5本に落ちついたという。

big3_04_1024x768
高密度ベース構造は、φ6mmヒートパイプを掘り込み式で密着。実測約10mmと3mmのプレートにサンドイッチされる形で5本のヒートパイプが固定されている
big3_05_1024x768
腐食防止効果のあるメッキ処理、さらに受熱ベース部は鏡面仕上げが特徴。見た目も美しく工作精度の高さが窺える
big3_06_1024x768 big3_07_1024x768
真横から観察すると、ヒートパイプの流れと放熱フィンに対する”熱拡散”の設計思想が見て取れる
totop