エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.635

Zenアーキテクチャ初のAPU、AMD「Ryzen 2000G」シリーズのCPU性能検証

2018.02.12 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

新型APU「Ryzen 2000G」シリーズのCPUコア性能をチェック

Ryzen2000_open_031_1024x768
ここからはレビュワーズキットに同梱されたシステムを使い、CPU関連のベンチマークを実施。AMD Ryzen 2000Gシリーズは格上の相手にどこまで迫れるのだろうか

さてここからは早速各種ベンチマークで、Ryzen 2000GシリーズのCPUコア性能をチェックしていこう。比較対象には、Coffee Lake世代のミドルレンジモデルCore i5-8400を用意し、メモリクロックはいずれも2,666MHzに設定して検証を実施。またセッションのラストでは、AMD謹製チューニングユーティリティ「Ryzen Master」による簡易オーバークロックにも挑戦している。なお詳細なテスト環境については、以下の「テスト機材構成表」を参照のこと。

Ryzen_2000_101_testspec_600x301
Ryzen_2000_301_2400G_low_403x402 Ryzen_2000_302_2400G_high_403x402
Ryzen 5 2400Gの「CPU-Z 1.83.0」の結果。アイドル時は1.60GHz、「CINEBENCH R15」実行時は最高3.80GHzまでクロックが上昇した
Ryzen_2000_303_2400G_task_666x593
Ryzen 5 2400GではSMT機能が有効なため、OS上から8コアCPUと認識される
Ryzen_2000_304_2200G_low_403x402 Ryzen_2000_305_2200G_high_403x402
Ryzen 3 2200Gの「CPU-Z 1.83.0」の結果。アイドル時は1.60GHz、「CINEBENCH R15」実行時は最高3.70GHzまでクロックが上昇した
Ryzen_2000_306_2200G_task_666x593
SMT機能が無効なRyzen 3 2200Gでは、コア数と同じ4コア分が認識されている
Ryzen_2000_312_GPZ_390x516 Ryzen_2000_311_GPZ_390x516
Ryzen 5 2400G(画像左)とRyzen 3 2200G(画像右)にグラフィックカードを搭載したところ。インターフェイスはPCI-Express3.0(x8)接続になることが確認できた
Ryzen_2000_307_mem_403x402 Ryzen_2000_308_mem_403x402
メモリクロックは、基本的に2,666MHzに設定してテストを実施
Ryzen_2000_309_mem_403x402 Ryzen_2000_310_mem_403x402
比較対象としてCore i5-8400を用意。こちらもメモリクロックは2,666MHzに設定
totop