エルミタ的「編集部で使ってみた」

コスパ優秀なエントリーNASキット、TerraMaster「F2-220」を使ってみる

2018.02.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

安物感ゼロ、上質なアルミフレーム採用のスリムボディ

「F2-220」のボディは、アルミの外装を採用したスタイリッシュな外観。外形寸法はW119×D133×H227mmで、ちょっと細長いHDDケースのようなコンパクトサイズに収まっている。冷却ファンは背面に80mm口径の静音ファンを内蔵。騒音値は18.6dBAとされ、標準では内部温度に連動して緩やかに回転する「Smart Mode」にセットされている。
 なお、インターフェイスはギガビットLAN×1のほか、USB3.0×1とUSB2.0×1を搭載。接続した外部ストレージをネットワークで共有できる。

06_F2-220_1024x768
エントリーモデルながら、アルミボディを採用する上質な佇まい。外形寸法はW119×D133×H227mmと、単なる2ベイのHDDケースと比べてもそれほど遜色ない
07_F2-220_1024x768
フレームなど主要部分がアルミ素材で、前後には樹脂パーツを使用。側面にはTerraMasterのロゴが配置されている。なお、重量は1.46kgほど
08_F2-220_1024x768
ドライブ換装に便利な、フロントアクセスのホットスワップベイを採用している
09_F2-220_1024x768 10_F2-220_1024x768
各種インジケータと電源ボタンをフロントに実装。Intelプロセッサ搭載モデルを示すシールも貼られている 底面の四隅には滑り止めのゴム足を装備。通気のためのスリットが入れられており、内部に熱がこもらないよう配慮されている
11_F2-220_1024x768
背面にはインターフェイスと80mm口径の冷却ファンを搭載。インターフェイスはUSB3.0とUSB2.0がそれぞれ1ポート、ギガビットLAN、電源端子を備える。「LAN2」は上位向けのためか、オミットされている
12_F2-220_1024x768 13_F2-220_1024x768
付属のACアダプタは約40Wのモデル。2ベイのNASを駆動させるには十分だ パッケージには、3.5/2.5インチ用のネジとドライバー、LANケーブルが同梱。別途サプライを買い求める必要はない
totop