メーカー謹製ツール徹底解説 Vol.1

GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」

2017.08.14 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
マザーボードやグラフィックスカードに付属する、メーカー各社が工夫を凝らした最新ユーティリティの使い方を解説する「メーカー謹製ツール徹底解説」。第1回となる今回は、GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」を紹介する。各種チューニングやファンコントローラ、BIOSアップデートのような定番から、リモート管理ツールのようなユニークなものまで、豊富な機能が揃う専用ユーティリティを早速紹介していこう。

マザーボードの関連ユーティリティを統合。ランチャー形式で起動できる「APP Center」

appcenter_001_830x630a
GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」。各種ツールをランチャー形式で起動することができる

今回紹介する「APP Center」は、GIGABYTEがマザーボード向けに提供している統合ユーティリティ。もともとチューニングツール「EasyTune」や、BIOS管理ツール「@BIOS」をはじめとした、多彩なユーティリティを提供していたGIGABYTE。しかし、その数が増えるにつれ管理が煩雑に。その問題を解消するためIntel 8シリーズより導入されたのが、すべてのユーティリティを統合し、ランチャー形式で簡単に起動できる「APP Center」だ。

appcenter_002_830x630a
ツールバーの「選択」アイコン(右から3番目)をクリックすると言語や外観カラー、起動方法を設定できる

ユーティリティの起動は、Windowsのスタートメニューから行う標準的な方法に加え、システム起動と同時に常駐することも可能。インストール済みのツール・ドライバが更新されるとアラートを表示する機能も実装されており、常駐しておけば常にシステムを最新の状態に保つことができる。

appcenter_003_830x630a
ツールバーの「更新」アイコン(一番左)をクリックすると、インストール済みツール・ドライバのアップデートを一覧で確認・更新できる

登場以来、統合ユーティリティとしての基本的なコンセプトに変わりはないものの、マザーボードの進化に合わせて各種機能がブラッシュアップ。またUIも常に改善され、世代を重ねるごとに使いやすくなっている。さらに当初はGIGABYTEが提供するツールのみに対応していたが、現在ではWindowsの設定や他社製アプリケーション管理にも対応。まさにシステムを統合管理するランチャーとして使用することができる。

appcenter_004_830x630a appcenter_005_830x630a
主要なWindows設定や、Googleなどの他社製アプリケーションのランチャーとしても使用できる
appcenter_001_test_spec_450x221
totop