エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
パイオニア、Ultra HD Blu-ray再生対応の内蔵型BDドライブ「BDR-211JBK」6月上旬発売
マイクロン、RGBイルミネーション搭載のゲーマー向けDDR4メモリ「Ballistix Tactical Tracer DDR4 RGB」
ロジクール、高速スイッチ「ROMER-G」搭載のアルミ製メカニカルキーボード「G413」を来月発売
デル、ビジネス向け12インチ2-in-1コンバーチブルノート「Latitude 5000シリーズ2-in-1 5289」
CRYORIG、モニタースタンド型Mini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディングを開始
アオテック、大容量ACアダプタ付属で大容量HDD対応のHDDスタンド
【COMPUTEX】世界最薄の2-in-1モデル「ZenBook Flip S」がASUSからデビュー
【COMPUTEX】ASUS、499ドルの15.6インチモデル「Vivo Book S」など、ノートPC計4モデル発表
【COMPUTEX】Kingstonが作った、外に持っていける極小サイズのFPSキーボード「HyperX Alloy FPS Pro」
【COMPUTEX】間もなく発売のHyperX FPS向けマウスと、KingstonのNVMe SSDの実機を見てきた

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
2Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
3これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
4Fractal Design、フロントメッシュパネルを採用したPCケースの新シリーズ「Focus」発表
5吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか

Home > レビュー > 特別企画

Core i7-7700Kのパフォーマンスをベンチマークでチェック

ここからは各種ベンチマークソフトを使い、Core i7-7700Kのパフォーマンスを検証していこう。マザーボードはIntel Z270チップを搭載するASRock「Z270 Gaming K6」(レビューにリンクをお願いします)で、比較対象にはSkylake最上位のCore i7-6700Kを用意した。なお詳細スペックについては以下の「テスト機材構成表」を参照頂きたい。

Core i7-7700K(上段)とCore i7-6700K(下段)の「CPU-Z 1.78.1」の結果。SteppingやRevisionに違いはあるが、搭載機能やキャッシュ構成は同じ
GPUコアはIntel HD Graphics 530からIntel HD Graphics 630に変更された

ベンチマークテスト:CINEBENCH R15

まずは定番のCGレンダリングソフト「CINEBENCH R15」を使い、純粋なCPUコアの性能を確認していこう。

CINEBENCH R15(cb)

スコアの向上幅は、シングルテストが約4%、マルチコアテストが約6%で、ほぼクロック通り。このことからKabylakeは、SkylakeからIPC(クロックあたりの性能)の上積みはほとんどなく、クロックアップによるパフォーマンス向上を狙った製品であることが分かる。

ベンチマークテスト:3DMark

続いて、3Dベンチマークテストの定番「3DMark」のスコアを確認していこう。プリセットは、内蔵グラフィックスということを考慮して「Sky Diver」と「Cloud Gate」の2つを使用した。

Sky Diver
Cloud Gate

グラフィックス性能を測定する「Graphics score」は、「Sky Diver」「Cloud Gate」とも差は約3%で、GPUコアにも大きな違いは見られない。またCPU性能が直結する「Physics score」は「Sky Diver」で約6%、「Cloud Gate」で約5%。「CINEBENCH R15」のマルチコアテストとほぼ同様のスコアだった。

次は...  ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

1 2 3 4

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us