別冊「エルミタラボ」

Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック

2017.01.04 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Core i7-7700Kのパフォーマンスをベンチマークでチェック

ここからは各種ベンチマークソフトを使い、Core i7-7700Kのパフォーマンスを検証していこう。マザーボードはIntel Z270チップを搭載するASRock「Z270 Gaming K6」(レビューにリンクをお願いします)で、比較対象にはSkylake最上位のCore i7-6700Kを用意した。なお詳細スペックについては以下の「テスト機材構成表」を参照頂きたい。

Core i7-7700K(上段)とCore i7-6700K(下段)の「CPU-Z 1.78.1」の結果。SteppingやRevisionに違いはあるが、搭載機能やキャッシュ構成は同じ
GPUコアはIntel HD Graphics 530からIntel HD Graphics 630に変更された

ベンチマークテスト:CINEBENCH R15

まずは定番のCGレンダリングソフト「CINEBENCH R15」を使い、純粋なCPUコアの性能を確認していこう。

CINEBENCH R15(cb)

スコアの向上幅は、シングルテストが約4%、マルチコアテストが約6%で、ほぼクロック通り。このことからKabylakeは、SkylakeからIPC(クロックあたりの性能)の上積みはほとんどなく、クロックアップによるパフォーマンス向上を狙った製品であることが分かる。

ベンチマークテスト:3DMark

続いて、3Dベンチマークテストの定番「3DMark」のスコアを確認していこう。プリセットは、内蔵グラフィックスということを考慮して「Sky Diver」と「Cloud Gate」の2つを使用した。

Sky Diver
Cloud Gate

グラフィックス性能を測定する「Graphics score」は、「Sky Diver」「Cloud Gate」とも差は約3%で、GPUコアにも大きな違いは見られない。またCPU性能が直結する「Physics score」は「Sky Diver」で約6%、「Cloud Gate」で約5%。「CINEBENCH R15」のマルチコアテストとほぼ同様のスコアだった。

totop