エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.494

ACアダプタ付属のファンレスMini-ITX、ASRock「J3160DC-ITX」で完全無音PCを組む

2016.06.24 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 ASRock Incorporation(本社:台湾)から、Intelの新SoC Braswell Refreshを搭載するファンレスマザーボードの発売が開始された。デスクトップCPUに比べ圧倒的に低い消費電力から、静音・省電力向けプラットフォームとして人気のBraswell後継とあって、注目している人も多いことだろう。そこで今回はACアダプタが同梱される「J3160DC-ITX」を借り受け、完全無音PCに挑戦してみることにした。
「J3160DC-ITX」販売価格税抜16,000円前後(発売中)
製品情報(ASRock

先代からバーストクロックが向上。内蔵GPUはAtom系列初のナンバリングモデルに

省電力向けSoC Braswellの後継として、今年はじめにひっそりとアナウンスされたBraswell Refresh。そのネーミングから想像できるように、アーキテクチャに大幅な変更はなく、製造プロセスも従来と同じ14nmを採用する。一方、CPUコアのバーストクロックは3モデルとも約1割アップし、高負荷時のパフォーマンス向上が期待できる。

今回からデスクトップ向け「J」シリーズが復活したBraswell Refresh。3種類のSoCが用意される

またAtom系SoCでは初めて内蔵GPUにナンバリングモデルを搭載するのも特徴。GPUの最大コアクロックが引き上げられている他、最上位モデルPentium J3710ではEU数も16基から18基に拡張。もちろん従来モデルと同じく、HEVC (H.265) デコーディング機能が実装され、解像度は4K(3,840×2,160ドット)、同時画面出力は3画面まで対応する。

totop