エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.478

GTX 970 SLI環境による高負荷テストで実証する、高効率電源ユニットENERMAX「ERX650AWT」の実力

2016.03.09 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ベンチマークテストによりENERMAX「ERX650AWT」の実力チェック

Intel Core i7-6700KとGeForce GTX 970をSLI構成にしたハイエンドシステムを用意。高負荷環境での安定性をチェックする

画像によるチェックが終わったところで、ここからはENERMAX「ERX650AWT」でシステムを組み込み、実動チェックを開始しよう。CPUにLGA1151プラットフォーム最上位のCore i7-6700Kを、グラフィックスカードにはGeForce GTX 970を搭載するGIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」を2枚用意し、SLI構成にした状態で検証を行った。定格出力650Wの電源ユニットにはかなり負荷の高い環境だが、どのような挙動をみせるのか楽しみだ。なお詳細なテスト機材構成については、以下の表を参照いただきたい。

OCCT 4.4.1:PowerSupplyTest

まずは定番のストレステスト「OCCT 4.4.1:PowerSupplyTest」の検証から進めていくことにしよう。このテストでは、CPUとGPUの両方に最高レベルの負荷をかけることができるため、システムフルロード時の挙動を確認することができる。

「OCCT 4.4.1:CPU」による各電圧の変化
「OCCT 4.4.1:CPU」による各電圧の最大/最小/平均値
「OCCT 4.4.1:PowerSupplyTest」実行時の消費電力推移

定格出力の約9割にあたる約580Wまで消費電力が上昇する過酷なテストだが、+12Vの平均値は12.051V、最小値でも12.001Vで、+12Vの定格出力12.000V以上をキープする良好な結果。+5Vや+3.3V出力についても定格出力を割り込むことは一度もなく、かなりハイエンドな構成でも安定動作が期待できる。

totop