帰ってきた エルミタ的「編集部で使ってみた」

DX11で描かれた新たなFFXIVに必要なGPUはコレ!!

2015.05.06 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 2015年6月23日にスクウェア・エニックスが発売を予定している「ファイナルファンタジ ーXIV」の拡張パック「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」。新たに導入される新ジョブや新種族が楽しみな拡張パックだが、気になるのは同時に実装される予定のDirectX 11ベースの新世代描画エンジンで、パフォーマンスがどう変わるかという点。
 そこで今回はDirectX 11に対応する新ベンチマークの「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編」が公開されたので、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社の協力により、急ぎ人気あるGeForce GTX 960搭載グラフィックスカードMSI「GTX 960 GAMING 2G」を手配。DirectX 9とDirectX 11でどの程度パフォーマンスに変化が現れるか試してみた。
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編のワンシ
ーン。新種族でのキャラクターも事前に作れるので、トコトンこだわってキャラ作りに励め

このゴールデンウィークに、FFXIV目的で自作PCを組む、グラフィックカードをパワーアップすると考えていたひとには、とくに気になるであろうDirectX 11モードでのパフォーマンス。「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編」(FFXIV蒼天ベンチマーク)を、さっそく導入。いろいろ見ていこう。

今回使用したGTX 960搭載グラフィックスカード「GTX 960 GAMING 2G」は、エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.392『ハイパフォーマンス&セミファンレス。新世代アッパーミドルの鉄板モデル、MSI「GTX 960 GAMING 2G」』でレビューしているので、詳細は、こちらをチェックして頂きたいが、ブラック&レッドのカラーリングが、なかなかカッコいいセミファンレス仕様クーラー「Twin Frozr V」やオーバークロックを意識した8pin補助電源、簡単にオーバークロックできるツールの「Gaming APP」といった魅力的なポイントいっぱいの製品だ。

MSI「GTX 960 GAMING 2G」 実勢売価27,000円前後
製品情報(エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
簡易オーバークロックツールの「Gaming APP」。MSI製ゲーミング向けマザーボード「GAMING」シリーズと組み合わせれば、CPUとGPUを同時にオーバークロックすることができる

なお、テスト環境はIntel LGA1150プラットフォームで、CPUには最上位となる「Core i7-4790K」を使用。そのほかの機材は以下の通りだ。

totop