エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サンワダイレクト、手軽に体調管理ができる心拍センサー搭載マウス発売。価格は4,580円から
水・空冷ハイブリッドGTX 1080とCore i7-7700K搭載の静音ゲーミングPCがストームから
SIMスロットやデュアルギガビットLAN装備、Apollo LakeオンボードのMini-ITXマザー「mITX-APL」がKontronから
「Multi-Zone Light」対応のZ270ゲーミングマザー、GIGABYTE「GA-Z270-Phoenix Gaming」
カード長わずか167mmのロープロ仕様。GIGABYTEのGTX 1050 Tiグラフィックス「GV-N105TOC-4GL」発売
玄人志向、ロープロファイルに対応するGeForce GTX 1050/1050 Ti OCモデル2種発売
工具なしで組み立てられる2.5インチHDD/SSDケース、センチュリー「SIMPLE SMART BOX」
スマホ&タブレットを2台持ちしてくれる、便利な双頭アームスタンドが上海問屋から
パイオニア、世界初の「Ultra HD Blu-ray」再生対応Blu-rayドライブ「BDR-S11J」シリーズ
AVer、双方向コミュニケーションに対応するAndroid搭載の大画面タッチ液晶「AVer CP」シリーズ

HOTNEWS
● 見よ、これが完全体のKaby Lakeマザーボード!豪華絢爛な全部入りモデル、GIGABYTE「GA-Z270X-Gaming 9」
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」


1見よ、これが完全体のKaby Lakeマザーボード!豪華絢爛な全部入りモデル、GIGABYTE「GA-Z270X-Gaming 9」
2Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック

Home > レビュー > 撮って出し
信頼性がさらに向上したOCZの新フラッグシップSSD「Vector 180」シリーズ検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.403

信頼性がさらに向上したOCZの新フラッグシップSSD「Vector 180」シリーズ検証


2015年3月25日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 2013年11月にリリースされた「Vector 150」シリーズ以来、約1年4ヶ月ぶりとなる新フラッグシップSSD「Vector 180」シリーズが、OCZ Storage Solutions(本社:アメリカ カリフォルニア州)からリリースされた。
 インハウスコントローラ「Barefoot 3」と、東芝製NANDフラッシュを組み合わせることで高い耐久性を実現。さらにコンシューマ向けでは珍しい電源損失保護機能「PFM+」を搭載し、信頼性を大きく向上させた最新モデル。その気になる実力を、OCZより借り受けた480GBモデル「VTR180-25SAT3-480G」にて、じっくりと検証していくことにしよう。
OCZ「Vector 180」シリーズ 480GBモデル「VTR180-25SAT3-480G」
市場想定売価税抜44,800円(4月上旬発売)
製品情報(OCZ Storage Solutions)(株式会社アスク

コンシューマ向けでは珍しい電源損失保護機能「PFM+」を搭載した新フラッグシップ

OCZのコンシューマ向け最上位モデル「Vector」シリーズに、久しぶりとなる新作「Vector 180」が登場した。コンシューマ向けSSDでは珍しい、電源損失保護機能「Power Failure Management Plus」(PFM+)を搭載するのが最大の特徴。基板上に実装されたバックアップキャパシタと、ファームウェアに組み込まれた独自制御機構により、電源損失時でも重要なデータをフラッシュ上に保存し、安全にシャットダウンが可能。これにより、データの破損を防ぐとともに整合性を維持することができる。

エンタープライズ向け製品を中心に採用が進む、電源損失保護機能「PFM+」をいち早く導入。重要なデータを扱うビジネスユーザーには魅力的な機能となるだろう
非常時に必要な電力を供給するため、基板上には小型のバックアップキャパシタが実装される

また搭載コンポーネントには、インハウスコントローラ「Barefoot 3 M00」と、東芝製A19nm MLC Toggle NANDフラッシュを採用。さらに独自設計のNANDフラッシュ管理技術と、余裕を持ったオーバープロビジョニング領域を確保することで、ダーティ状態における安定したパフォーマンスや、1日あたり50GB書込に5年間対応する高い耐久性を実現している。

SSDを構成する上で最も重要なコントローラと、NANDフラッシュをインハウスで提供できるのはOCZの強みの1つ

容量ラインナップは120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル展開。転送速度は容量によって異なるが、今回検証する480GBモデル「VTR180-25SAT3-480G」では、シーケンシャル読込550MB/sec、書込530MB/sec、ランダム読込100,000 IOPS、書込95,000 IOPS、定常書込23,000 IOPSとされ、SATA3.0(6Gbps)SSDではいずれもトップクラス。また256bit AES暗号化、最大44bit/1KBのBCH ECC(誤り訂正機能)、ガーベッジコレクション、TRIM、S.M.A.R.Tなど、イマドキのSSDに求められる機能はすべて網羅されている。

「CrystalDiskInfo 6.3.0」の結果。ファームウェアは1.01で、健康状態や温度もしっかり取得できている
次は...  OCZおなじみの肉厚メタル筐体を採用

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us