エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.387

小型PCやモバイルPCにピッタリなmSATA SSD、PLEXTOR「M6M」シリーズ徹底検証

2015.01.08 更新

文:フリーライター・石川ひさよし

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回速攻撮って出しレビューの主役となるのは、PLEXTORブランドの「M6M」シリーズ。Intel NUCやMini-ITXマザーボードのような省スペースモデルを中心に、自作向けにも広く採用されているmSATAインターフェイスの小型SSDだ。本レビューでは、国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)協力のもと、256GBモデル「PX-256M6M」にスポットをあてて徹底検証。その気になるパフォーマンスを確かめてみよう。
PLEXTOR「PX-256M6M」 実勢価格18,000円前後(2014年12月現在)
製品情報(リンクスインターナショナル

小型インターフェイスの代表格「mSATA」を採用したSSD「M6M」シリーズ

ご存知mSATAは、miniPCI-Express互換コネクタを採用するSSD向けインターフェイス。そのコンパクトな基板サイズから、ノートPCやタブレットPC、さらにはIntel NUCなどの小型PCに広く採用され、昨今の自作シーンでもすっかりおなじみな存在になった。近頃の小型インターフェイスとしてはM.2がにわかに台頭を始めているものの、mSATAは対応パーツのラインナップもまだまだ豊富だ。

今回の主役「M6M」シリーズは、このmSATAインターフェイスに対応するPLEXTORブランドのSSD。以前詳細検証をお届けした「M6S」シリーズと同時リリースされた製品で、Marvell製ICや、19nmプロセスの東芝製Toggle MLC NANDなど搭載コンポーネントは同等、大きな違いはインターフェイスのみと考えて差し支えない。

容量は64GB、128GB、256GB、512GBと4モデルをラインナップ。モバイルPC向けとして、低容量モデルも用意されているのが特徴だ。公称スペックは、シーケンシャル読込520MB/sec、書込は、64GBが160MB/sec、128GBが340MB/sec、256GB/512GBが440MB/secとされ、128GB/256GBでは「M6S」より書込性能は若干高めに設定されている。

「M6M」はブリスターパッケージ入り。容量ラインナップは64GB、128GB、256GB、512GB。今回は64GB~256GBまでのモデルをお借りした

「M6M」シリーズの基板をチェック

ここからは「M6M」シリーズの256GBモデル「PX-256M6M」にスポットを当て、画像とともに紹介していこう。シールが貼り付けられている表側は隙間から確認する限り、2枚のNANDチップとキャッシュメモリを搭載。また裏面には2枚のNANDチップとコントローラが実装されていた。NANDフラッシュは前述の通り、東芝製19nm Toggle MLCで、1枚当たりの容量は64GB。コントローラにはサーバーグレードのMarvell「88SS9188」が採用されていた。

mSATA SSD自体が若干割高なこともあり、コストパフォーマンスを重視した製品では、安価なコントローラを搭載する製品が多いのも事実。しかしPLEXTORでは、定評のあるMarvell製ICを採用することで、安定したパフォーマンスと、高い信頼性・耐久性を実現しているわけだ。

表はシールが貼られているが、固定部側から2枚のNANDチップがのぞいている
裏面は2枚のNANDチップと、その右にコントローラチップが搭載されている
NANDフラッシュは東芝製19nm Toggle MLC コントローラチップはサーバグレードのMarvell「88SS9188」
totop