エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
アスク、Doom無料クーポン付属のSAPPHIRE製Radeon Pro DuoおよびR9 NANO取り扱い開始
2色成形キャップ採用のCherry軸搭載キーボード「ProgresTouch RETRO」にテンキーレス版が登場
ペン入力にも対応。世界最薄・最軽量の2-in-1タブレット「YOGA BOOK」がレノボから
ウルトラマン怪獣の擬人化萌えキャラとコラボ。アイ・オー、怪獣娘の「おしゃべりUSBメモリー」
XFX、フルスペック仕様のファンレスRadeon RX 460「RX 460 Heatsink」シリーズ2種
ダイヤテック、水圧転写のB級マルチカムフレーム採用メカニカルキーボード「Majestouch2 A+」発売
16nm TLC採用のエントリー向けSATA3.0 SSD、PLEXTOR「S2」シリーズ
マウスG-Tune、GeForce GTX 10シリーズと4K液晶標準のゲーミングPC計3モデル
EVGA、水冷・空冷ハイブリッドのGTX 1070最上位「GeForce GTX 1070 FTW HYBRID」
【バイヤー林懐寧のスマホ羅針盤 Vol.041】新iPhone、さらに6GBスマホが襲来。9月後半の注目スマホBEST 3

HOTNEWS
● HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
● 徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
● これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
● NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証
● Broadwell-Eの魅力すべてを引き出す中堅ゲーミングマザー MSI「X99A TOMAHAWK」


1HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
2これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
3徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
4NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
ミドルユーザーにベストマッチ!格安80PLUS GOLD電源の決定版モデル、ENERMAX「ERX430AWT」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.358

ミドルユーザーにベストマッチ!格安80PLUS GOLD電源の決定版モデル、ENERMAX「ERX430AWT」


2014年9月19日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 システムの縁の下を支える電源ユニットは信頼性が第一、でもせっかくなら低発熱な高効率モデルを選びたいもの。そうしたニーズに応えてか、最近では80PLUS GOLD認証以上の製品が続々登場、リーズナブルに購入できるモデルも増えてきている。
 今回の撮って出しレビューでは、そんな格安80PLUS GOLD電源の中から老舗・ENERMAX(本社:台湾)「ERX430AWT」を取り上げたい。過分な容量を望まないミドルユーザーにピッタリな低容量モデル、そのピリリと辛い底力を検証してみよう。
ENERMAX「ERX430AWT」 実勢売価7,980円前後
製品情報(ENERMAX)(株式会社リンクスインターナショナル

老舗メーカーが贈る、安心の格安80PLUS GOLD認証電源「Revolution-X’t ERX430AWT」

ハイエンドな香り漂う80PLUS GOLD認証電源にあって、お手頃価格で購入できる格安モデルは新たなトレンドだ。その潮流に乗ってENARMAXからデビューした、注目のエントリーモデルが「ERX430AWT」。530/630/730Wの既存モデルを抱える「Revolution-X’t」シリーズの“弟分”にして、一般に500W以上がほとんどを占める80PLUS GOLD認証電源の貴重な低容量モデル。電源ユニットは負荷50%の状態が最も高効率に動作することから、比較的システムの規模が小さいミドルユーザーにとっては、このクラスこそが本命になりそうだ。

さらに品質の高さについても、電源ユニット製造で20年以上のノウハウをもつ老舗のENERMAX製品とあって、期待感は大きい。設計から製造までをインハウスで行っている数少ないメーカーでもあり、多角化を果たした現在でもENERMAXといえば電源ユニット、というイメージをもっているユーザーも多いことだろう。低容量かつ高効率という難しいモデルは、いったいどの程度のクオリティに仕上がっているのだろうか。

静音&堅牢仕様、さらに使い勝手も良好な「ERX430AWT」

フラットケーブル採用のセミモジュラー電源「ERX430AWT」。大口径ツイスターベアリングファンによる静音仕様と長寿命は大きな魅力だ

さて、そろそろ主役の「ERX430AWT」について話を進めていこう。そもそもこのモデルは80PLUS GOLD認証という技術的な(そして目に見えにくい)特長以外にも、分かりやすいメリットを多数備えている。
 まずシリーズ共通でトピックになっているのが、特許を使用した大口径139mmのツイスターベアリングファンによる静音仕様だ。負荷に応じて自動で可変するファンコントロール機能も備え、高い冷却性能と優れた静音性を両立させている。さらにシャットダウン後も一定時間ファンが回転して冷却を続けるという「ヒートガード機能」は、電源ユニット自体の寿命向上にも大きく貢献するハズだ。実際に「ERX430AWT」のMTBF(平均故障間隔)は100,000時間とハイエンドモデル並みで、メーカー保証も5年間の長期保証が提供されている。

「Revolution-X’t」シリーズ共通のデザインが施されたパッケージ。80PLUS GOLDやセミモジュラー仕様、容量などが一目で把握できる
背面には出力やコネクタ表に加え、「ヒートガード機能」など冷却機構の仕様ももれなく記載。ユニット本体はシンプルな緩衝材に包まれて内部に収まっていた

また、ケーブルタイプは主要ケーブル以外を着脱式とするセミモジュラー式を採用。ケーブル自体もすべてが取り回し容易なフラットケーブルになっており、ケース内の限られたスペースを有効に活用できる。さらにパフォーマンス面にも触れておくと、グラフィックスカードの導入で注目したい+12Vは、シングルレーン35A出力のパワフル仕様。PCI-Express 6+2pinも2系統備えることから、ハイエンドグラフィックスの組み込みも十分可能だ。

次は...  サイズは一般モデル同等。大口径ファンを抱える男前フェイス

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us