エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.347

これで全てが分かる。 Cooler Master「Silencio 452」徹底解説

2014.08.11 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回検証に選んだPCケースは、Cooler Master Technology Inc.(本社:台湾)「Silencio 452」という、ATXミドルタワーだ。同社PCケースラインナップの中でも「Silent」ラインにカテゴライズされ、内部の音を吸収する吸音シートを貼り付けた「静音志向」が最大のセールスポイント。密閉されるフロントドアに通気孔がないトップパネルなど、俗に言う「窒息系」PCケースの最新モデル、その実態に迫っていこう。

6カテゴリに分類された、Cooler MasterブランドのPCケース

エルミタでは久々の登場となる、Cooler MasterブランドのPCケース。今回は静音志向の「Silent」ラインに属するミドルタワーモデル、「Silencio 452」を取り上げる。
 検証を進める前に、「Silent」のプロフィールをご紹介しよう。現在Cooler MasterのPCケースは、「Centurion」「CM 690」「Elite」「HAF」「N」、そして「Silent」の全6つのラインに分類されている。それぞれの個性を大枠でカテゴライズしているワケだが、中でも最も分かりやすいのが「Silent」ラインだ。文字通り「静音」を全面にアピールし、密閉したフロントパネルとトップ面(一部任意で開放可能)、さらに吸音シートの採用で「機械的」ではなく「物理的」に音を封じ込めようというコンセプトが特徴だ。現在の製品群は、「Silencio 652S」「Silencio 452」「Silencio 352」の3モデルで構成されている。

「Silent」ラインのフラッグシップモデル、「Silencio 652S」 実勢価格税抜16,000円前後
製品情報(Cooler Master

「Silencio」シリーズの普及版ATX対応モデル「Silencio 452」

そんな静音志向の「Silencio」シリーズにあって、市場想定売価税抜11,000円前後の普及価格帯を任されたのが「Silencio 452」というワケだ。フロント開閉ドア付きで、PCケース内部(両側面およびドア裏)には吸音シートを敷き詰めたミドルタワーとしては、戦略的な価格であり、「Silencio 452」最大の魅力ともいえる。上位機種に手が出なかった人にとって、十分ターゲットの範囲内に収まる高いコストパフォーマンスを武器に、市場からの注目を集める「Silencio 452」をじっくり解説していきたい。

Silencio 452 市場想定売価税抜11,000円前後(発売中)
製品情報(Cooler Master

totop