エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
6月23日(金)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アルミと強化ガラス採用のATX対応コンパクトPCケース、RAIJINTEK「THETIS WINDOW」アキバに登場
税抜12万円の最強フルタワー、Phanteks「Enthoo Elite」がオリオスペックに入荷~店頭販売は残り1台~
キーパッドを実装した、合計17ボタンのゲーミングレーザーマウスが上海問屋から
スリムでコンパクトなゲーミングPC「MSI Trident 3」1万円引きキャンペーン開催中
分離スタイルが話題を呼んだ小型メカニカルキーボードMISTEL「Barocco」にRGB LEDモデル登場
ドスパラGALLERIA、「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCにコストパフォーマンスモデル追加
ドスパラ、スタンダードな15.6インチエンターテイメント向けノート
凹凸のある対象物も鮮明に表示できる、「同軸照明」対応の800倍マイクロスコープがサンコーから
天板に天然素材を採用した新感覚ペンタブレット、プリンストン「WoodPad」発売

HOTNEWS
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
● TLC NAND最高クラスの性能を実現したNVMe SSD、PLEXTOR「M8Se」シリーズ検証


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
3寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
4オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
5ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。 Cooler Master「Silencio 452」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.347

これで全てが分かる。 Cooler Master「Silencio 452」徹底解説


2014年8月11日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 今回検証に選んだPCケースは、Cooler Master Technology Inc.(本社:台湾)「Silencio 452」という、ATXミドルタワーだ。同社PCケースラインナップの中でも「Silent」ラインにカテゴライズされ、内部の音を吸収する吸音シートを貼り付けた「静音志向」が最大のセールスポイント。密閉されるフロントドアに通気孔がないトップパネルなど、俗に言う「窒息系」PCケースの最新モデル、その実態に迫っていこう。

6カテゴリに分類された、Cooler MasterブランドのPCケース

エルミタでは久々の登場となる、Cooler MasterブランドのPCケース。今回は静音志向の「Silent」ラインに属するミドルタワーモデル、「Silencio 452」を取り上げる。
 検証を進める前に、「Silent」のプロフィールをご紹介しよう。現在Cooler MasterのPCケースは、「Centurion」「CM 690」「Elite」「HAF」「N」、そして「Silent」の全6つのラインに分類されている。それぞれの個性を大枠でカテゴライズしているワケだが、中でも最も分かりやすいのが「Silent」ラインだ。文字通り「静音」を全面にアピールし、密閉したフロントパネルとトップ面(一部任意で開放可能)、さらに吸音シートの採用で「機械的」ではなく「物理的」に音を封じ込めようというコンセプトが特徴だ。現在の製品群は、「Silencio 652S」「Silencio 452」「Silencio 352」の3モデルで構成されている。

「Silent」ラインのフラッグシップモデル、「Silencio 652S」 実勢価格税抜16,000円前後
製品情報(Cooler Master

「Silencio」シリーズの普及版ATX対応モデル「Silencio 452」

そんな静音志向の「Silencio」シリーズにあって、市場想定売価税抜11,000円前後の普及価格帯を任されたのが「Silencio 452」というワケだ。フロント開閉ドア付きで、PCケース内部(両側面およびドア裏)には吸音シートを敷き詰めたミドルタワーとしては、戦略的な価格であり、「Silencio 452」最大の魅力ともいえる。上位機種に手が出なかった人にとって、十分ターゲットの範囲内に収まる高いコストパフォーマンスを武器に、市場からの注目を集める「Silencio 452」をじっくり解説していきたい。

Silencio 452 市場想定売価税抜11,000円前後(発売中)
製品情報(Cooler Master

次は...  Cooler Master「Silencio 452」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us