エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.285

もう手に入らない In Win「Tou」検証

2013.12.08 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

シンプルなドライブベイレイアウト

限られたスペースに、できるだけ多く、そして簡単に搭載できるように各メーカーが頭をひねるドライブベイ。懲りに凝った外観から、これまでにない斬新なドライブベイレイアウトを期待してしまう。しかし「Tou」のそれは驚くほどシンプルで、ツールフリー機構すら装備されていない。

3.5インチシャドウベイ

HDDをマウントする3.5インチシャドウベイは、全部で3段。ミニタワーPCケース並の搭載能力ではあるものの、そこは1台あたりの容量が大きいHDDをチョイスする事でカバーするしかない。大容量HDDが手軽に入手できるような時代だからこそ、確信的に割り切られているのではないだろうか。

Tou
フロント上部寄りにレイアウトされた、3.5インチシャドウベイ。アルミニウム製1枚板を折り曲げ、ヒンジ部分にはハンドスクリューを装備。これ以上ないほど、シンプルな構造だ
Tou Tou
アルミニウム製専用トレイには計4つにネジ穴を用意。3.5インチHDDの底面ネジ穴を使って固定する。なお2.5インチSSD/HDDのマウントは想定されていない
Tou Tou
専用トレイにツールフリー機構等は装備されていない。ネジ不要のワンタッチ固定は便利だが、それを感じるのは固定時のみ。なお、マザーボードトレイ側にはインターフェイス用の「小窓」が用意されている
Tou
3.5インチHDDを実際にマウントさせてみた。ヒンジ部2個のネジで固定されているだけに、不安を覚えるかもしれない。だが実際にはそこそこ頑丈で、見た目ほどの心配は無用

2.5インチシャドウベイ

3.5インチベイに負けじと、2.5インチシャドウベイもいたってシンプル。計2台のSSD/HDDがマウントできるスペースは、3.5インチシャドウベイ下にレイアウトされている。
 マウント方法は、SSD/HDD底面のネジ穴4つを使用し、マザーボードトレイ側に開けられた穴に直接ネジ固定。2台並べて搭載できる。

Tou
2.5インチシャドウベイ上段に、SSDをマウント。インターフェイス横にはスルーホールがあり、ケーブルマネジメントが考慮されている。なおSATAケーブルコネクタはストレートタイプを選びたい
Tou 付属のミリネジでSSDを固定。3.5インチドライブと違い、マウントにはマザーボードトレイ背面側のサイドパネルを外す必要がある

5.25インチオープンベイ

ストレージのメインとなる2.5/3.5インチシャドウベイがシンプルだけに、当然期待値は低くならざるをえない5.25インチオープンベイはフロントパネル最下段に用意。内部には「コの字」に曲げられたアルミニウム製ユニットがあり、両側面のネジ穴を使い固定する。
 5.25インチについては、前作「D-Frame」も比較的アクセスがしにくい場所にレイアウトされていた。これは昨今の光学ドライブの使用頻度が考慮されてのものであり、排除(省略)することはないものの、In Winが優先順位を低く見ている結果と見ることができる。

Tou
Tou 「コの字」に曲げられたユニットに、5.25インチ光学ドライブをインストール。両側面の穴を使いネジ固定する
totop