エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.203

mSATA SSDの大本命 PLEXTOR「M5M」シリーズ徹底検証

2013.01.23 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 近頃、Ultrabookだけでなく一般的なノートPCでも採用が増えているmSATAスロット。さらにMini-ITXやIntelのNUC規格マザーボードなど、自作市場でも搭載製品が増えており、その存在感を増している。そんなmSATAフォームファクタに対応したSATA3.0(6Gbps) SSD「M5M」シリーズPLEXTORブランドよりリリースされた。2.5インチSSDで培ったノウハウを凝縮し、高いパフォーマンスと耐久性を謳う注目モデルだ。
 そこで今回はPHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS(PLDS)が展開するPLEXTORブランドの国内正規代理店である株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より「M5M」シリーズを借り受け、その実力をじっくりと検証していくことにしよう。
M5M
SATA3.0(6Gbps)対応mSATA SSD「M5M」シリーズ
64GB(型番:PX-64M5M)/128GB(型番:PX-128M5M)/256GB(型番:PX-256M5M)

「M5 Pro」シリーズの品質と性能をmSATAフォームファクタで再現した「M5M」シリーズ

M5M mSATA SSDらしく簡易パッケージを採用する「M5M」シリーズ。インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)で、ノートPCやコンパクトPCの高速化が可能

パフォーマンスと信頼性の高さから、抜群の人気を誇るPLEXTOR「M5 Pro」シリーズのDNAを受け継いだSATA3.0(6Gbps)対応mSATA SSD「M5M」シリーズ。基板サイズの制限があるため、NANDフラッシュ数は4枚に制限されるものの、コントローラはMarvellの最新IC「88SS9187」、NANDフラッシュは19nmプロセスの東芝製Toggle MLCで、搭載コンポーネントはまったく同等だ。
当然PLEXTORブランドの特徴でもある「True Speed Technology」に対応し、長期使用でも一貫したパフォーマンスを維持できるほか、ノート向け省電力モード「DevSleep」に対応。待機時の消費電力は通常モードの50mWから1mWへと大幅に削減され、ノートPCのバッテリー駆動時間延長にも大いに貢献する。

m5m
容量は64GB、128GB、256GBの3モデル展開。NANDフラッシュ枚数に制限があるため、難しい面もあるがより大容量モデルの登場にも期待したい
m5m m5m
JEDEC MO-300準拠のmSATAコネクタ。PCBには「M6M」のシルク印刷が確認できた

容量ラインナップは64GB、128GB、256GBの3モデル展開で、パフォーマンスは容量ごとに異なるが、最大容量256GBモデルの公称スペックは、シーケンシャル読込540MB/sec、書込430MB/sec、ランダム読込79,000 IOPS、書込77,000 IOPSに設定され、mSATA SSDはおろか2.5インチSSDのハイエンドモデルと比較しても遜色ないパフォーマンスを実現している。さらに60℃の高温環境における動作チェック、48時間のリード/ライトテストなど厳しい品質チェックを行うことで、0℃~70℃の広い動作温度範囲と240万時間という長いMTBFを獲得している点も見逃せない。
m5m

totop