エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.202

デスクトップPCの代替も狙える高性能Ultrabook GIGABYTE「U2442F」を試す

2013.01.14 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 GIGABYTEと言えば、国内ではマザーボードやグラフィックスカードの印象が強いが、最近ではノートPCやタブレットといった完成品にも力を入れている。 そこで今回のエルミタ的撮って出しレビューでは、やや趣向を変えてドスパラ「Note GALLERIA」シリーズとして発売が開始されたUltrabook「U2442F」をチョイス。GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)より製品を借り受け、その実力をエルミタ的に検証していくことにしよう。
U2442F
GIGABYTE製Ultrabook「U2442F」。国内では「Note GALLERIA U2442F」としてドスパラで独占販売されている。
製品情報(ドスパラ)(GIGABYTE
売価税込109,980円

薄型・軽量ノートPCの主役へと躍り出たUltrabook

U2442F
本体の厚さが21mmまでに規定されているUltrabook。今回検証した「U2442F」も当然その数値をクリアしている

ネットブックやCULVノートのような薄型・軽量ノートPCの非力なイメージを払拭すべく2011年5月にインテルによって新たに提唱された新コンセプト「Ultrabook」。そのハイスペック戦略や積極的なプロモーション活動もあり、最近ではノートPCの1ジャンルとして確固たる地位を築くまでになった。ちなみに、インテルによればUltrabookの定義はおおよそ以下の通り。

・CPUに第2世代以降のIntel Coreシリーズプロセッサを搭載
・本体の厚さは21mm以下(液晶が14インチ以下の場合は18mm以下)
・5時間以上のバッテリー駆動時間
・休止状態からの復帰時間が7秒以内
・Wi-Fi通信機能必須
・USB3.0ポートの搭載(CPUにIvy Bridgeを採用している場合)

このようにしっかりとした規格を設けることで、ユーザーはメーカーや機種の違いを気にすることなく、快適な操作環境を手に入れることができるわけだ。特に休止状態からの復帰時間や厚さをクリアするために、UltrabookではストレージにSSDを採用するケースが多く、この点もパフォーマンスの底上げに大きく貢献している。

“オンにもオフにも頼れる1台”。パフォーマンス重視のUltrabook「U2442F」

U2442F Ultrabookとしては、リッチなGPU「GeForce GT 650M」を搭載し、高いグラフィックス性能を謳う「U2442F」

近頃のUltrabookは他社との差別化を図るため、薄さや軽量化をウリにする製品が多い中で、今回検証する「U2442F」は“オンにもオフにも頼れる1台”をコンセプトに、パフォーマンスや拡張性を重視。CPUは超低電圧版Ivy Bridgeの上位モデルCore i7-3517Uで、GPUにはミドルレンジのNVIDIA GeForce GT 650Mを標準装備する。NVIDIA Optimusテクノロジーにも対応するため、負荷やアプリケーションによって内蔵グラフィックスとのシームレスな切替が可能。無駄な消費電力を抑えつつ高い3D性能を実現している。

totop