エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
水冷キット「EXllusion 240」購入でBluetoothスピーカーをプレゼント・・・ツクモパソコン本店
自作セット「パーツの犬モデル」購入で3,000ポイント進呈・・・ドスパラ パーツ館
70周年記念の240GB特価SSDをチェック・・・テクノハウス東映
2,000円以下で買えるPioneer製ヘッドホン・・・東映ランド
威風堂々の存在感。 ストームの強みを生かしたBTOの秀作「Storm Artemis ADVANCE GSZ170」徹底検証
スナドラ821&6GBメモリ搭載、さらにDSDS対応。進化した“性能怪獣”「ZenFone 3 Deluxe」が日本上陸
【コレオシ Vol.1348】在庫アリ。Ivy / Sandy Bridgeが使えるASUSの安価なLGA 1155対応マザーボード
9月28日(水)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
3D MLC NANDを採用するデータセンター向け高耐久SSD、Intel「DC S3520」シリーズが販売中
人気のコスト重視モデルKingston「UV400」に960GBモデル登場~価格は約2.4万円~

HOTNEWS
● 威風堂々の存在感。 ストームの強みを生かしたBTOの秀作「Storm Artemis ADVANCE GSZ170」徹底検証
● HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
● 徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
● これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
● NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証


1HHKB級の超小型サイズで分離型。夢がつまったフリースタイルキーボード「Barocco」を試す
2徹底検証で判明。Intel初のコンシューマー向けNVMe SSD「600p」シリーズの実力と気になる点
3これで全てが分かる。EVGA「DG-87」徹底解説
4NVMe SSD待望の新モデル、PLEXTOR「M8Pe」シリーズ徹底検証
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
デスクトップPCの代替も狙える高性能Ultrabook GIGABYTE「U2442F」を試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.202

デスクトップPCの代替も狙える高性能Ultrabook GIGABYTE「U2442F」を試す


2013年1月14日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 GIGABYTEと言えば、国内ではマザーボードやグラフィックスカードの印象が強いが、最近ではノートPCやタブレットといった完成品にも力を入れている。 そこで今回のエルミタ的撮って出しレビューでは、やや趣向を変えてドスパラ「Note GALLERIA」シリーズとして発売が開始されたUltrabook「U2442F」をチョイス。GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)より製品を借り受け、その実力をエルミタ的に検証していくことにしよう。
U2442F
GIGABYTE製Ultrabook「U2442F」。国内では「Note GALLERIA U2442F」としてドスパラで独占販売されている。
製品情報(ドスパラ)(GIGABYTE
売価税込109,980円

薄型・軽量ノートPCの主役へと躍り出たUltrabook

U2442F
本体の厚さが21mmまでに規定されているUltrabook。今回検証した「U2442F」も当然その数値をクリアしている

ネットブックやCULVノートのような薄型・軽量ノートPCの非力なイメージを払拭すべく2011年5月にインテルによって新たに提唱された新コンセプト「Ultrabook」。そのハイスペック戦略や積極的なプロモーション活動もあり、最近ではノートPCの1ジャンルとして確固たる地位を築くまでになった。ちなみに、インテルによればUltrabookの定義はおおよそ以下の通り。

・CPUに第2世代以降のIntel Coreシリーズプロセッサを搭載
・本体の厚さは21mm以下(液晶が14インチ以下の場合は18mm以下)
・5時間以上のバッテリー駆動時間
・休止状態からの復帰時間が7秒以内
・Wi-Fi通信機能必須
・USB3.0ポートの搭載(CPUにIvy Bridgeを採用している場合)

このようにしっかりとした規格を設けることで、ユーザーはメーカーや機種の違いを気にすることなく、快適な操作環境を手に入れることができるわけだ。特に休止状態からの復帰時間や厚さをクリアするために、UltrabookではストレージにSSDを採用するケースが多く、この点もパフォーマンスの底上げに大きく貢献している。

“オンにもオフにも頼れる1台”。パフォーマンス重視のUltrabook「U2442F」

U2442F Ultrabookとしては、リッチなGPU「GeForce GT 650M」を搭載し、高いグラフィックス性能を謳う「U2442F」

近頃のUltrabookは他社との差別化を図るため、薄さや軽量化をウリにする製品が多い中で、今回検証する「U2442F」は“オンにもオフにも頼れる1台”をコンセプトに、パフォーマンスや拡張性を重視。CPUは超低電圧版Ivy Bridgeの上位モデルCore i7-3517Uで、GPUにはミドルレンジのNVIDIA GeForce GT 650Mを標準装備する。NVIDIA Optimusテクノロジーにも対応するため、負荷やアプリケーションによって内蔵グラフィックスとのシームレスな切替が可能。無駄な消費電力を抑えつつ高い3D性能を実現している。

次は...  豊富に用意されたインターフェイス類をチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us