東芝製TLC NANDとコントローラを採用するエントリーSSD、OCZ「Trion 100」シリーズ発売開始

2015.08.31 11:22 更新

2015.08.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
SSD
OCZ Storage Solutions(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2015年8月31日、東芝製A19nm TLC NANDフラッシュを採用するエントリーSSD「Trion 100」シリーズについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。容量ラインナップは120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル展開で、即日発売が開始される。
  • 東芝製TLC NANDとコントローラを採用するエントリーSSD、OCZ「Trion 100」シリーズ発売開始
  • 東芝製TLC NANDとコントローラを採用するエントリーSSD、OCZ「Trion 100」シリーズ発売開始

性能・安定性にもこだわったOCZブランド初のTLC NAND SSD

Trion 100シリーズ(8月31日発売)
TRN100-25SAT3-120G(120GB) 市場想定売価税抜6,980円
TRN100-25SAT3-240G(240GB) 市場想定売価税抜11,095円
TRN100-25SAT3-480G(480GB) 市場想定売価税抜22,080円
TRN100-25SAT3-960G(960GB) 市場想定売価税抜41,480円
http://ocz.com/trailblazing-storage-trion100-ssd

「COMPUTEX TAIPEI 2015」ブースレポートおよび、グローバルプレスリリースで紹介した、OCZブランド初のTLC NAND採用SATA3.0(6Gbps) SSD「Trion 100」シリーズの国内発売が本日31日より開始される。

NANDフラッシュは東芝製A19nm世代のTLCで、コントローラには同NANDに最適化された東芝製ICを採用。これによりシーケンシャル読込最高550MB/sec、書込最高530MB/sec、ランダム読込最高90,000 IOPS、書込最高64,000 IOPSの高速転送が可能。さらにTLC NANDフラッシュの弱点である書込回数制限を回避し、1日あたり最大219GB(960GBモデル)書込、総書き込み量240TB(同)に対応する高い耐久性を実現した。

容量ラインナップは120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル展開。対応機能はガーベッジコレクション、NCQ、TRIM、S.M.A.R.T、MTBFは150万時間で、製品保証は3年間。外形寸法は、W69.85×D100×H7mm、重量48g。なお「Trion 100」シリーズについては近日中に詳細レビューをお届けする予定なので、そちらも楽しみにしておいて欲しい。

文: GDM編集部 池西 樹
OCZ Storage Solutions: http://jp.ocz.com/

totop