アイ・オー・データ、Windows 8対応の21.5インチマルチタッチ液晶「LCD-MF223FBR-T」4月末発売

2013.04.03 14:30 更新

2013.04.03 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市)は2013年4月3日、Windows 8に対応する2点マルチタッチ対応21.5インチ液晶ディスプレイ「LCD-MF223FBR-T」を発表した。価格はオープンプライスで、4月末より発売が開始される。
  • アイ・オー・データ、Windows 8対応の21.5インチマルチタッチ液晶「LCD-MF223FBR-T」4月末発売
  • アイ・オー・データ、Windows 8対応の21.5インチマルチタッチ液晶「LCD-MF223FBR-T」4月末発売

表面硬度8Hのガラス製保護フィルターを搭載したタッチパネル式液晶

Windows 8/7の2点マルチタッチ機能に対応した21.5インチ液晶ディスプレイの新製品。タッチパネルの応答方式は、赤外線を使い位置を検出する光学式で、軽く触れるだけで快適な操作が可能。また、抵抗膜方式と違い検出用フィルムが不要なため、透過率が高く鮮明な映像表現を実現した。

また、表面には鉄球落下テストをクリアした硬度8Hの硬質ガラス製フィルタを搭載するため、タッチ操作による摩耗や傷の心配もない。

液晶パネルはTFTで、上下160度、左右170度の広視野角をサポート。最大解像度は1,920×1,080ドット、最大輝度220cd/m2、コントラスト比1,000:1、応答速度は5ms。バックライトにはLEDを採用され、待機時0.4W、通常使用時18.0Wの低電力動作が可能。

インターフェイスはHDMI×1、D-Sub×1、DVI-D×1、ステレオミニジャック×1、USB1.1×1(タッチパネル用)で、1W+1Wステレオスピーカーを内蔵する。外形寸法はW516×D132~324×H384mm(スタンドあり)、重量約4.7kg(同)。

なお製品には本体収納式のタッチペン、アナログRGBケーブル(1.5m)、DVI-Dケーブル(1.8m)、オーディオケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m)、USBケーブル(1.5m)等が付属される。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社アイ・オー・データ機器: http://www.iodata.jp/

totop