returns to
エルミタージュ秋葉原
 「エルミタ的速攻撮って出しレビュー」
 Home > エルミタ的速攻撮って出しレビューVol.27 MLC SSD頂上対決 PhotoFast「G-Monster2 SFV1」はIntelの牙城を崩せるか
the Voices 秋葉原Shop生の声
the Price アキバShopプライス画像掲示板
Special Price アキバShop特価品情報
PC Calender エルミタージュ的ロードマップ
Press Room リリース・トピックス・情報
Database エルミタージュ的データベース
Shop List 秋葉原Shopリスト
Akihabara Map 秋葉原Shop地図
Manufacturer List PCパーツメーカーリスト
Paet-time Job PC業界リクルート情報
Research 店員に聞く
携帯版エルミタージュ秋葉原
広告掲載について
情報・リリース窓口
About Us エルミタージュ秋葉原
 
title

MLC SSD頂上対決
PhotoFast「G-Monster2 SFV1」はIntelの牙城を崩せるか

2010年2月5日 16:00 TEXT:池西 樹
 第2普及期に突入し、自作市場では2010年も大注目株となるSSD。NANDフラッシュの特性から、その軽快感と低発熱・低消費電力については今更説明は不要であろう。昨年以上に新たなテクノロジーの進化が期待されるアイテムである事に間違い無い。

 さて、これまでたくさんのSSDがリリースされているが、その製品特徴に大きな影響を及ぼす存在として最も注目されるのがコントローラーチップだ。搭載NANDフラッシュのタイプ(SLC/MLC)よりも重要視されるコントローラーチップ如何で、製品の善し悪しがほぼ決まってしまう事になる。
 ご存じの通り、2009年はINDILINX社製コントローラーチップが大ブレークし、SSDの“鉄板”となったが、そこへ新規参入して来たのが今回テストするSandForce社のコントローラーチップとなる。
 当サイトでも昨年より数回この話題を取り上げているが、いよいよ国内市場初登場となる「SF-1500」搭載SSDがPhotoFastからリリースされた。潜在能力が高いという前評判から、非常に注目されているSandForce社製コントローラーチップの実力を検証してみることにする。


“国内初登場”のコントローラチップ、SandForce「SF-1500」を搭載した「G-Monster2 SFV1」

G-Monster2 SFV1 PhotoFast社製の新型SSD「G-Monster2 SFV1」シリーズがついに発売となった。当サイトではこれまで数回、独自入手した情報やベンチマーク結果を紹介してきたが、圧倒的なそのベンチマークテスト結果をみて、発売前から気になっていたユーザーも多いのではないだろうか。
 また最大のトピックスとして国内初登場となるSandForceコントローラー「SF-1500」の存在は大きな注目点で、特に4Kのランダムアクセスは実測で75MB/secとなり、これまでのMLCタイプSSDの常識を覆す性能を実現している。

 執筆時点で「G-Monster2 SFV1」シリーズ中、100Gモデルの「GM2-25M100GSSDSFV1」が先行でリリースされているが、今回はPhotoFast日本総代理店・株式会社フォトファースト社のご好意により、評価モデルをいち早く入手する事ができたため、早速期待の「G-Monster2 SFV1」をチェックしていきたいと思う。

G-Monster2 SFV1 G-Monster2 SFV1
製品パッケージ。日本総代理店の株式会社フォトファーストの存在により、パッケージは日本語化され、製品に対する安心感は高い
G-Monster2 SFV1 G-Monster2 SFV1
アルミ筐体を採用する「G-Monster2 SFV1」

製品ラインナップ
モデル名 容量
発売日
GM2-25M50GSSDSFV1 50GB 2010年3月予定
GM2-25M100GSSDSFV1 100GB 発売中
GM2-25M200GSSDSFV1 200GB 2010年3月予定
GM2-25M400GSSDSFV1 400GB 2010年3月予定
製品情報
株式会社フォトファースト http://www.photofast.co.jp/gm2sfv1.html
関連記事
[新製品] PhotoFast、ランダム書込4K:最大75MB/sの新型SSD「G-Monster2 SFV1 2.5インチSATAII SSD」正式発表(2010/1/22)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201001/22_01.html

「G-Monster2 SFV1」シリーズ主要スペック
・最大読込260MB/s (ランダム書き込み4K 最大75MB/s)
・2.5インチ SATA 1.5/3Gbps SATAT/U
・耐衝撃性能 1500G
・外形寸法 約100mm×70mm×9.5mm
・質量 約105g
・対応OS Windows7(32bit/64bit)/Vista(32bit/64bit)/XP SP3/MacOS X

SandForce SandForce製「SF-1500」コントローラチップとは

・エンタープライズ向けのコントローラチップで、SATA 3.0Gbps/1.5Gbpsをサポートし、パフォーマンスはシーケンシャルリードが最大260MB/sec、IOPSランダムリード/ライトが共に30,000[email protected] Blocks)とシーケンシャルリードだけでなくランダムアクセスも非常に高速なコントローラチップだ。対応する最大容量は512GBまで、SLC/MLC両タイプのNANDフラッシュメモリをサポートする


コントローラチップ上のシルク印刷はなし

 まずは基板を確認してみることにしよう。コントローラチップは「SF-1500」ということだが、今回の製品ではコントローラチップのシルク印刷は無し。なお当然ながら外装カバーを開け、基板を確認する作業は補償対象外となるため、どうしても興味がある場合は自己責任で行って欲しい。

SF-1500 SF-1500
ケース横の4箇所のネジを外せばケースを外すことができる コントローラチップを囲むようにNANDフラッシュが8枚配置されている
G-Monster2 SFV1 G-Monster2 SFV1
裏側にも8枚のNANDフラッシュが配置されている コントローラチップには「SF-1500」を示すシルク印刷はなし。使用しているNANDフラッシュメモリは「SAMSUNG K9HCG08U1M」

次は「GM2-25M100GSSDSFV1」の実力に迫るべく、ベンチマークテストを行う事にする。比較対照として用意したのは、「SF-1500」最大のライバルと目されるIntel「X25-M Mainstream SATA SSD」だ。
 
toppage
NextPage

 
menu
Page1SandForce SF-1500搭載の「G-Monster2 SFV1」登場
page2ベンチマークでチェック「CrystalDiskMark 2.2」編
Page3ベンチマークでチェック「HD Tune Pro 4.01」「ATTO Disk Benchmark 2.34」編
 
G-Monster2
 
PhotoFast
 
H55
Atom
 
 
 
GDM Copyright(c)1997-2012 GDM Corporation All rights reserved 掲載記事の無断転載を禁じます