エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
GIGABYTEコンパクトゲーミングベアのパーツセットがお買い得【ソフマップリユース総合館】
スマホやタブレットの除菌と抗菌サービスを無料(セルフサービス)で実施中【ドスパラ パーツ館】
日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
子供部屋にもぴったりな収納BOXがいろいろ安い【テクノハウス東映】
6月27日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Thermaltakeの人気PCケース「Core」「Suppressor」シリーズに強化ガラスモデル登場
SENSE∞、Kaby Lake版NUCベースのニコ生・YouTuber向け小型デスクトップPC計3モデル
Lexarブランド廃止へ。Micron、Lexarのリムーバブルストレージ事業廃止または売却を発表
4K/60HzのHDMI信号に対応するPC切替器、ラトック「REX-250UHD-4K」
エレコム、ヘッドホン・イヤホンいらずの一体型VRゴーグル「P-VRGEH01」シリーズを発売

HOTNEWS
● 日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 撮って出し
ASRock初、OC向けマザーボード「Z77 OC Formula」のこだわりを検証する
エルミタ的速攻撮って出しレビューVol179

ASRock初、OC向けマザーボード「Z77 OC Formula」のこだわりを検証する


2012年10月10日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 倍率ロックフリーCPUやチューニング対応チップセットなど、最近のIntelはオーバークロックに対して非常に積極的な姿勢を見せている。それに呼応するようにマザーボードの1ジャンルとして急速に勢力を伸ばしているのがオーバークロック向けモデルだ。  これまでその役割を担っていたハイエンドモデルやゲーマー向けモデルから不要な機能を排除し、よりオーバークロック機能に特化した製品はコアなユーザーを中心に人気が広がっている。
 今回取り上げるASRock「Z77 OC Formula」もオーバークロック向けを標榜するマザーボードのひとつ。先日、秋葉原では開発に携わったNick Shihが来日してお披露目イベントが行われるなど、ASRockの期待と自信を伺わせる製品だがその実力はいかなるものだろうか。ASRockの国内正規代理店であるマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)よりサンプルを借り受けじっくりと検証していくことにしよう。
「Z77 OC Formula」 市場想定売価税込26,000円前後
製品情報(マスタードシード)/製品情報(ASRock

ASRockハイエンドマザーボードの一角を担う「OC Formula」シリーズ

これまでASRockのハイエンドマザーボードには、一般向けの多機能モデル「Extreme」シリーズとプロゲーマーFatal1ty氏との共同開発を謳うゲーマー向け「Fatal1ty」シリーズの2つのラインナップが用意されていた。いずれもオーバークロック用途でも十分なパフォーマンスを備えているが、純粋なオーバークロック向け製品と比較するとやや過剰装備であったり、機能が不足している面があった。
 そんなギャップを埋めるべく、ハイエンドマザーの新たな柱として追加されたのが「OC Furmula」シリーズだ。開発に際してはオーバークロックの世界記録保持者Nick Shih氏を招聘し、ハードウェア、ソフトウェアの両面からチューンナップを実施。さらに必要な機能を厳選することで、オーバークロック耐性だけでなくコストとのバランスも考えられているのが特徴だ。

先日開催されたお披露目イベントには、開発に参加したNick Shih氏(左)とASRock台湾本社マーケティング本部長Chris Lee氏(右)が来日

「Z77 OC Formula」の基板上にはNick Shih氏のサインがシルク印刷されている

「電源」「冷却」「接続」にこだわったオーバークロック向けマザーボード「Z77 OC Formula」

今回検証する「Z77 OC Formula」では、オーバークロック耐性向上の重要なファクターに「電源」「冷却」「接続」の3つを上げている。
 まず「電源」について確認すると、電源回路はデジタルPWM制御の12+4フェーズでハイエンドモデルでは一般的な構成。しかしコンポーネントにコア損失が低いPremium Alloy Choke、2つのダイを重ね抵抗を減らしたDual-Stack MOSFET、低周波から高周波まですべてのノイズをフィルタする3種類のコンデンサを組み合わせたMultiple Filter CAPを採用することで、発熱を抑えオーバークロック時でも安定した電源供給を可能にした。
 「冷却」面では、コンシューマ向け製品では初めての試みとなる水冷と空冷ファンを組み合わせたオリジナルヒートシンクTwin-Power Coolingが特徴的。また4層2オンス銅レイヤーを備えた8層基板の採用で基板の放熱性能も向上し、温度上昇を防ぐことができる。
 さらに「Z77 OC Formula」では、電力損失低減のためCPU電源コネクタに高密度コネクタを採用。CPUやメモリソケットの端子に15μのゴールドメッキを施すなど「接続」にもこだわることで優れたオーバークロック耐性を実現している。

ブラックとイエローにカラーリングされた「Z77 OC Formula」。対応フォームファクタはSSI-CEBでケースの対応には注意が必要
(左)黒を基調にスポーツカーがデザインされたシックなパッケージ。サイズは実測値で390×337×130mmとハイエンドらしく非常に大柄/(右)多言語化されたクイックインストールガイド、ソフトウェアセットアップガイド、Virtu MVP設定ガイドなどマニュアル類も豊富に用意
(左)付属品はすべて布製のポーチに収められている。ハイエンド電源ユニットではよく見かける光景だが、マザーボードではなかなか珍しい/(右)一般的なアイテムに加えて、マザーボードのネジ山に差し込んで検証台に使える「OC Stands」とGELID製グリス「GC-Extreme Thermal Compound」が付属。特に「GC-Extreme Thermal Compound」は低温度環境でも固化しにくいNick Shih氏オススメのアイテムだ
ケースを用意することなくシステムをセットアップできる「OC Stand」。エアフローも良好なため、オーバークロックの限界を探る場合に重宝する
次は...  基板上の構成部品をチェックしていこう

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us