エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.14

幻の80PLUS GOLD認証電源 「CORSAIR CMPSU-750HXJP」

2009.07.29 更新

文:テクニカルライター Jo_kubota

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 第14回を数える「エルミタ的速攻撮って出しレビュー」は、ご存じ紆余曲折を経た上で「80PLUS SILVER認証」としてリリースされたCORSAIR「CMPSU-750HXJP」を取り上げてみたい。

 このモデル、2009年7月11日発売の「CMPSU-850HXJP」同様、国内市場初登場となるはずであった「80PLUS GOLD認証」が結果幻となり、若干のトーンダウン感はありつつも限りなく「80PLUS GOLD認証」に近いモデルとして、ある意味“いわく付き”の電源ユニットである。
 確かに金メダルと銀メダルではだいぶ印象も異なるわけだが、クォリティレベルが高い位置にある事には間違い無い。

 今回はお馴染みのテクニカルライター・Jo_kubota氏が、CORSAIR「CMPSU-750HXJP」を実際に手にし、そのファーストインプレッションをお届けする。はじめにGOLDとSILVERの違いを解説、そして電源ユニットの中身をチェックして行きたい。
CORSAIR「CMPSU-750HXJP」基本製品データ
出力:750W
80PLUS SILVER認証
規格:ATX12V v2.3 及び EPS12V 2.91
搭載ファン:140mmダブルボールベアリングファン(温度可変)
保護回路:過電圧保護(OVP)、過電流保護(OCP)、過負荷保護(OPP)、ショート回路保護(SCP)、低電圧保護(UVP)
安全性許認可:UL, CUL, CE, CB, FCC Class B, TUV, CCC, C-tick
サイズ:150(幅)×180(奥行)×86(高)mm
重量:2.4kg
保証:7年間
NVIDIA SLI/ATI CrossFire対応
MTBF:100,000時間
発売日:2009年7月25日
店頭想定売価:24,800円前後
製品情報(正規代理店:株式会社リンクスインターナショナル)
http://www.links.co.jp/items/corsair-power/cmpsu750hxjp.html

幻の80PLUS GOLD認証電源「CMPSU-750HXJP」

ハイエンド電源をここ最近、精力的にリリースしているCorsairから、80PLUS SILVER認証を受けた「CMPSU-750HXJP」が発売となった。当初、本製品は80PLUS GOLD認証を取得したと、事前にアナウンスされていたが、発売にあたりSILVER認証となった。これは、検証に使用した個体が、80PLUS GOLDレベルの品質を持っていたためだが、元々は80PLUS SILVER認証を基準に開発した電源ユニットであり、全ての個体で80PLUS GOLDをクリアできる確証がないため、80PLUS GOLD認証から80PLUS SILVERに変更することになったようだ。

ということは、個体差はあるものの、80PLUS GOLDをクリアできる個体が存在ということでもある。

※編集部注
 この件について、国内正規代理店・株式会社リンクスインターナショナルのウェブサイトにて、CORSAIR Memory社のマーケティングおよび技術チームが7月24日付けにて事の経緯を掲載しているので、ご紹介しておくことにする。

【以下抜粋】
 HX750/850Wはもともと、80PLUS SILVERとして開発した電源です。今回80PLUS GOLDを取得できたことは大変光栄なことです。この名誉は弊社の全ての製品注いでいる技術に対しての姿勢が反映されたものだと確信しています。
 しかしながら今回80PLUS GOLDを得られたのは、設計スペックを上回る性能だった為であり全てのHX750/850Wの生産において80PLUS GOLDのスペックが得られる確証がありません。従いまして、80PLUS GOLDではなく80PLUS SILVERとして発売することを決断いたしました。
 ユーザの皆様、販売店の皆様、ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。

さて、80PLUSロゴの意味は、それぞれ下記の通りとなる。

 
負荷率20%
87%
85%
82%
80%
負荷率50%
90%
88%
85%
80%
負荷率100%
87%
85%
82%
80%

GOLDとSILVERの違いは、全域で2%。たった2%なのだが、この2%を上げるのは非常に大変なのである。

市販されている汎用の部品を使ってスイッチング電源を作ると、負荷率40~80%程度のときの効率を80%前後にするのは比較的容易なのだが、負荷率40%以下、あるいは80%以上の負荷になると、途端に効率が落ちてしまう。
 そこで問われるのが各メーカーの電源の設計力だ。特にSILVERのように全域で85%を超える効率を実現するには、PWM制御を駆使した設計が必要だ。そしてGOLDを達成するためには、各部品の精度が問題になってくる。一般的に電源に使われる電子部品は、コストを下げるためにある程度の誤差を許容している。その誤差を限りなく排除することで、効率を上げることはできるが、当然コストは劇的に跳ね上がる。そのコストを抑えるために、部品レベルの誤差を許容できる設計が求められる、という堂々巡りを繰り返してGOLDを達成することができるのだ。

80PLUS SILVERを実現できるということは、当然、全製品、それを確実に上回る品質が求められるわけで、中に80PLUS GOLDを達成できる製品があってもおかしくないわけだ。Corsairが、一旦、80PLUS GOLDを受け入れたのも無理はないと言えるだろう。

CMPSU-750HXJPのスペックをチェックする

CMPSU-750HXJの12Vはシングルレールで62Aに対応し、最大で744Wまで供給できる。+5VSBも3Aと十分だ
totop