エルミタ的一点突破 Vol.50

空冷最強を更新。 Noctua「NH-U12A」がCore i9-9900Kを徹底的に冷やせる理由

2019.04.14 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

Noctua「NH-U12A」の搭載手順

「NH-U12A」の外観および構造の詳細を確認したところで、マザーボードへの搭載手順を把握しておこう。搭載テストにはMSI「MPG Z390 GAMING PLUS」を用意。Intel LGA 1151対応のATXマザーボードだ。なおNoctuaの歴代モデルには、LGA115x、LGA20xx、AMDの各プラットフォーム用に3枚のマニュアルが同梱されている。いずれも英語表記だが、ソケット毎に必要なパーツが明確にされており、図説も詳細かつ簡潔に記されている。自作に慣れたエルミタの読者なら、テキスト不要で組み込みができるはずだ。

さらにNoctuaが開発した「SecuFirm 2」と呼ばれるマルチマウント・ソケットシステムは、各ソケットの互換性と取り付け易さが特徴。CPUへ適切なテンションで冷却能力が発揮できるという。

nh12a_22_1024x768 nh12a_23_1024x768
マザーボード背面から「NM-IBP2 backplate」を装着 表面側に突き出たピンに「NM-IPS1 spacer」を4つ挿し込んでいく
nh12a_24_1024x768 nh12a_25_1024x768
次に「NM-IMB3 mounting bars」を載せる。この搭載向きでCPUクーラーの縦置き・横起きが決まる 「NM-ITS1 thumb screws」で固定すれば台座は完成。グリスを塗り忘れないように
nh12a_26_1024x768 nh12a_27_1024x768
「NM-IMB3 mounting bars」から突き出た2本のピンに、受熱ベースプレート上部のブリッジに備え付けられたバネネジを固定 ぐらつき等を確認すればマザーボードへの搭載派完了。なお作業には冷却ファンを取り外しておく必要がある

メモリスロットクリアランス

「NH-U12A」の搭載作業を終えたところで、隣接するメモリスロットとの関係を見ておこう。本体を観察すると、受熱ベースの中心が吸気ファン寄りにレイアウトされている事が分かる。吸気側のクリアランスを確保する設計は、メモリスロットへの配慮であり、Intel LGA115xおよびAMD Socket AM4では、背の高いヒートスプレッダとの100%互換がアピールされている。ヒートシンクが極端なナロータイプというわけでもなく、冷却ファンは25mm厚のデュアル仕様。ハイエンド志向のCPUクーラーながら、周辺パーツの邪魔はしない。

nh12a_28_1024x768
Intel LGA115xおよびAMD Socket AM4に最適化されたオフセットデザイン。なお資料によれば、Inte LGA2066の場合は高さ42mmまでのメモリが搭載できると記載されていた
totop