エルミタ的一点突破 Vol.50

空冷最強を更新。 Noctua「NH-U12A」がCore i9-9900Kを徹底的に冷やせる理由

2019.04.14 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

Noctua「NH-U12A」の外観スタイル

前置きが長くなったが、ここからはパッケージより「NH-U12A」本体を取り出し、外観スタイルから検証をスタートしよう。デュアルファンを備えた大型CPUクーラーは、冷却ファンが装着された状態でパッケージに収められている。

nh12a_07_1024x768
nh12a_08_1024x768
冷却ファンはワイヤークリップでヒートシンクに固定。Noctuaのサイドフロー型CPUクーラーお馴染みのスタイルだ

Noctua「NH-U12A」のヒートシンク

次に冷却ファンを取り外し、丸裸になったヒートシンクをじっくり観察してみよう。酸化を防止するニッケルメッキ処理が施されたアルミニウム製放熱フィン。いかにも密度が高いアルミニウム板のブロックは、50枚の放熱フィンで構成されている。

nh12a_13_1024x768
受熱ベースから伸びるヒートパイプの上部には、50枚の放熱フィンが積み重なる。工作精度の高さはNoctuaのそれで、立ち姿は重厚で非常に美しい
nh12a_35_1024x768
最上部の放熱フィンにはNoctuaのロゴがあしらわれている。流行のLEDイルミネーションとは無縁のCPUクーラーだ
nh12a_06_1024x768
放熱フィンサイズは実測で120x55mm。隣接するメモリスロットへの干渉を抑えるナロータイプのヒートシンクが採用されている
totop