エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.732

一見シンプルだけど実は複雑なMini-ITXアルミ筐体。STREACOM「DA2」解剖

2019.04.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

CPUクーラーを搭載してみよう(水冷編)

さらに順番が滅茶苦茶だが、グラフィックスカードを搭載したところで、水冷クーラーを搭載してみよう。搭載テストにはThermaltake「Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition」(型番:CL-W157-PL12SW-A)を使用。ラジエターは120mmファン2基を搭載する240mmサイズだ。
 なお「DA2」には280mmサイズまでのラジエターが搭載できる。容量17.5リットルのコンパクトなPCケースに、ロングタイプのラジエターがマウントできる設計は、「DA2」最大のアピールポイントである事は間違い無い。

da2_42_1024x768 CPUクーラーの有効スペースは高さ145mmまで。それを全くモノともしないのが水冷ヘッドだ。高性能化により、簡易水冷のポンプ一体型でもコンパクトに設計されている。CPUソケット周りのクリアランスも良好で、ケーブルの抜き挿しもしやすい
da2_43_1024x768
左側面に装備される2本の「Vertical Bracket」を使い、240mmサイズラジエターを固定。「Vertical Bracket」自体が左右に移動でき、ラジエター固定部もスリットタイプで上下に調整が可能。構成パーツとの兼ね合いで位置決めができる
da2_46_800x600 da2_47_800x600
SFX規格電源ユニットを搭載すると、左サイドパネルまで82mmの空きスペースができる計算。このエリアにラジエターと冷却ファン、さらにチューブが収める必要がある

総評:レイアウトを”自ら設計する”Mini-ITXケース

とかくSFF(スモール・フォーム・ファクタ)の拡張性について、過大に期待する人は少数だろう。しかし他のプロダクトとは一線を画す「DA2」は、インナーフレームのレールとブラケットにより、自在にスタイルを変え、柔軟なレイアウトを可能にする。

STREACOM曰く「世界最小のゲームケース」とのアプローチも謳われているようだが、高負荷状態が続くアグレッシブなPCより、質の高い筐体でカジュアルな普段使いが似合うだろう。

da2_48_1024x768

ここまでを書き終え、最後に手元資料を読み直すと、どうやら解説が漏れている箇所があるようだ。ここは敢えて追記せず、実機をもって新たに発見して欲しい。「DA2」には紹介しきれないほどの魅力が詰め込まれている。

協力:STREACOM

totop