エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.732

一見シンプルだけど実は複雑なMini-ITXアルミ筐体。STREACOM「DA2」解剖

2019.04.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

SFX規格電源ユニットとストレージの搭載方法

マザーボードに続き、分かりにくいのが電源ユニットとストレージの搭載方法。ここではこの2つをいっぺんにやっつけてしまおう。と言うのも、ストレージのメイン搭載エリアは、電源ユニットと隣り合わせの関係にあり、「PSU Bracket」「Drive Bracket」は、予め「Horizontal Universal Bracket」にセットされ、天板部にネジ留めされている。

da2_24_1024x768
「PSU Bracket」と「Drive Bracket」は「Horizontal Universal Bracket」にネジ留めされている。各々を取り外す必要は無かった
da2_25_800x600

まずは電源ユニットをマウントしてみよう。搭載テストにはサイズ「CORE-SFX300」を用意。外形寸法は125x63x100mmで、最大2,000rpmで動作する80mm(15mm厚)冷却ファンを内蔵する。おさらいすると、「DA2」の対応電源規格はSFXだが、ATX規格用のネジ穴もあり、”搭載ができないワケではない”。これについては後ほど解説しよう。

da2_29_1024x768
シンプルなケーブル直結式のSFX規格電源ユニット、サイズ「CORE-SFX300」を通常のインチネジで4ヵ所をネジ留め。どこにも干渉する事なくマウントができた

なおSFX規格電源ユニット選びで注意したいのが、インレットの位置だ。サイズ「CORE-SFX300」の場合、枠の内側に収まっているため問題がない。しかし、製品によっては枠に覆い被る位置にインレットがあり、ネジ留めがうまくいかない。万一物理的干渉を起こした場合は、ネジの間にスペーサーを挟むなどのアレンジが必要になる事を覚えておこう。

da2_31_1024x768
マザーボードとの位置関係。なお「DA2」背面のインレットまでを中継するケーブルを予め装着しておく必要がある。トップ部に「PSU Bracket」を固定する前に作業を終えておこう

SFX規格電源ユニットと隣り合わせに3.5インチHDDを搭載

「Horizontal Universal Bracket」に連結された「Drive Bracket」に、3.5インチHDDをマウントしてみよう。「Drive Bracket」には予め3.5インチHDD固定用スリットが設けられており、ネジ留めにより最大3台がマウント可能。17.5リットルの内部容積ながら、意外にも高い収納力を秘めている。

da2_34_1024x768
SFX電源ユニットの隣に3.5インチHDDをネジ留め。ただし構造上片側3本のインチネジだけで固定する事になる
da2_30_1024x768
SFX規格電源ユニットと共に、トップ部にブラケットを固定した状態。天井吊り下げ式はやや不安に思うかもしれない。ただし思いの外シッカリとした構造であるため、見た目ほどの不安は無い
totop