エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.732

一見シンプルだけど実は複雑なMini-ITXアルミ筐体。STREACOM「DA2」解剖

2019.04.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

アウターボディから分離されているリアパネル

うすうす感づいていると思うが、リアパネルもシンプルだ。右上には92mmファン増設用のネジ穴と通気孔、その左手のカットされた部分にはマザーボードのバックパネルを固定。下部2段の拡張スロットさらに3P/インレットも確認できる。なおリアパネルはアウターボディ一体ではなく、フラットなリアプレートは4本のネジで固定されており、取り外しができる。

da2_04_1024x768

ボトムパネルデザイン

コの字のアルミニウム製アウターボディの一部であるボトム面。シンプルな外観を継承し、通気孔等を含めた仕掛けは用意されていない。唯一、設置面には幅30mm、長さ160mmの滑り止めラバーが出荷時より装着されている。

da2_10_1024x768

トップ&ボトムの着脱式通気孔

厳密に言えばこの後に行う内部構造セッションの守備範囲。だが外部から見える部分だけに、ここで上下に装着された、着脱式の通気孔をチェックしておこう。

da2_23_1024x768

2,000個にもおよぶパンチングホールにより、通気性にも抜かりない「DA2」。インナーフレームのトップおよびボトム部には、素材の異なる通気孔が装備されている。「Upper / Lower Dust Nets」と名付けられた天板および床板は、いずれもアクリル製のプレート2枚と、その間に挟む防塵フィルタの3層構造。プレートは大きくくり抜かれており、自然吸気および自然排気ができるようになっている。

da2_05_1024x768
工具不要で装着された3層構造の床板。天板も同様、防塵フィルタはメンテナンスができるよう、取り外しが可能。なおアクリル製のプレートは無理に曲げると簡単に割れてしまうので扱いには注意されたし
totop