エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.731

AMD「Ryzen Threadripper 2990WX」でDynamic Local Modeの効果を試す

2019.04.05 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

各種ベンチマークで「Dynamic Local Mode」の効果を確認

RyzenWX2990_901_1024x768

さて、ここからは早速「Dynamic Local Mode」の効果を各種ベンチマークテストで確認していこう。テスト用のCPUは32コア/64スレッドの「Ryzen Threadripper 2990WX」で、マザーボードにはASRock「X399 Taichi」を、グラフィックスカードにはRadeon RX Vega 56を採用する「ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING」を使用した。また比較対象として、「Ryzen Threadripper 2950X」を用意し、「Distributed Mode」と「Local Mode」で動作させた場合でも計測を行った。

RyzenWX2990_101_testspec_600x221
RyzenWX2990_904_1024x768
Ryzen Threadripper最上位モデル「Ryzen Threadripper 2990WX」(以降:2990WX)
RyzenWX2990_101_603x602 RyzenWX2990_102_603x602
アイドル時は2.00GHzまでクロックが低下。またシングルコアに負荷がかかった場合には、最高4.0GHzを超えるクロックで動作するのが確認できた
RyzenWX2990_103_861x768
64個の論理プロセッサが並ぶ圧巻の「タスク マネージャー」
RyzenWX2990_905_1024x768
16コア/32スレッドの「Ryzen Threadripper 2950X」(以降:2950X)
RyzenWX2990_105_603x602 RyzenWX2990_104_603x602
アイドル時は3.00GHz、最高クロックは4.25GHzまで確認できた
RyzenWX2990_106_861x768
「Simultaneous Multi-Threading」(SMT)により、OSからは32個の論理プロセッサを認識
totop