エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.726

税抜3万円を切る14インチフルHDモバイルノートPC、ドスパラ「Altair VH-AD3S」検証

2019.03.14 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

やや変則配列のキーボード。タッチパッドには指紋認証センサーを搭載

アイソレーションデザインのキーボードは、テンキーレスの日本語配列で、キーピッチは実測約19mmと十分に確保。薄型デザインのため、ストロークは浅いものの、打鍵感もしっかりしている。ただし、本来ならテンキーの上に来ることが多い「PgUp」「PgDn」「Home」「End」が右端に来るなど、一部変則配列のため「Delete」や「BackSpace」を押す場合などに戸惑うことがあった。

VH-AD3S_10_1024x768
キーピッチはすべてのキーで実測約19mm以上が確保されており、入力は快適に行える。ただし右端や最下段の「\ろ」キーなど、一部変則的な配列のため、戸惑うことがあった
VH-AD3S_11_1024x768 VH-AD3S_12_1024x768
液晶ディスプレイの上にはSkypeなどに便利なHD画質のWebカメラを標準装備 キーボードの左上には電源、Caps Lock、Num Lockのインジケータを実装

またWindows 10のジェスチャー操作に対応する大型タッチパッドには、高精度の指紋認証センサーを搭載。Windows 10の生体認証システム「Windows Hello」に指紋を登録しておけば、パスワードやPINの入力をすることなく、タッチするだけでOSへのサインインが可能だ。

VH-AD3S_09_1024x768
実測約105×75mmの大型タッチパッド。パームレストより1段低くなっているため、キーボード入力中に触れて誤動作することもなかった
VH-AD3S_13_1024x768
タッチパッドの左上には指紋認証センサーを搭載。感度・精度とも良好で、軽く触れるだけでWindowsにサインインできる
VH-AD3S_201_458x549a VH-AD3S_201_458x549b
指紋の登録は「Windows Hello」を起動して、指紋認証センサーに数回タッチするだけで完了する
totop