エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.723

新世代ミドルGTX 1660 Tiの鉄板はコレ。秀作クーラー搭載のGIGABYTE「GV-N166TOC-6GD」

2019.03.05 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「Ultra Durable VGA」コンポーネント搭載、4+2構成の電源回路

クーラーよりだいぶ全長の短いショート基板を採用する「GV-N166TOC-6GD」は、4+2フェーズ構成の電源回路を搭載している。各MOSFETの負荷を分散させ、より低温で動作させることで安定性を高める設計だ。さらにそれらを構成するチョークコイルとコンデンサは、GIGABYTE独自の品質基準「Ultra Durable VGA」に準拠した高品質コンポーネントをチョイス。高い負荷や長時間の稼働にも耐えられる基板設計だ。

n166_16_1024x768
GTX 1660 TiのショートモデルもラインナップするGIGABYTEだが、こちらも同クラスのショート基板を採用。バックプレートが大きくはみ出しているのが分かる
n166_17_1024x768
Turingアーキテクチャを採用するミドルレンジのGPU「GeForce GTX 1660 Ti」。CUDAコア数は1,536基で、レイトレ用のRTコアとDLSS用のTensorコアは搭載していない
n166_23_1024x768 n166_18_1024x768
ビデオメモリはMicron Technology製GDDR6チップが採用され、GPUコア周囲に6枚で合計6GBを構成。2基の空きパターンも並んでいる
n166_19_1024x768
4+2フェーズ構成の電源回路を搭載。電源部の構成部材は、「Ultra Durable VGA」に準拠した高品質仕様だ
n166_21_1024x768 「WINDFORCE 2X」クーラーを駆動させている4pinコネクタは、基板端に実装されていた
n166_31_1024x768
クーラーカバーと連結し、基板の剛性を高めているバックプレートを取り外す
n166_32_1024x768 n166_33_1024x768
基板裏をチェック。普段プレートに覆われているだけに、タンタルコンデンサなど、いずれも背の低い部品が実装されている
totop