エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.723

新世代ミドルGTX 1660 Tiの鉄板はコレ。秀作クーラー搭載のGIGABYTE「GV-N166TOC-6GD」

2019.03.05 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ヒートパイプダイレクトタッチの独自クーラー「WINDFORCE 2X」

n166_24_1024x768
ここでは、基板から「WINDFORCE 2X」クーラーを取り外し、その構造をじっくり眺めてみよう

「GV-N166TOC-6GD」が搭載する冷却機構は、2スロット占有のデュアルファンクーラー「WINDFORCE 2X」だ。大型アルミベースの中心をヒートパイプが通り、GPUコアとダイレクトタッチ方式で接触する仕様。ヒートパイプは複合素材や液冷を組み合わせた「Composite Heat-Pipes」を採用、1本がヒートシンク全体に熱を運んでいる。

90mm口径の冷却ファンは、整流効果のある3Dストライプ形状のユニークブレードファンを搭載。左右が互い違いに回転することで、気流が相殺して乱流が発生することを防ぐ「Alternate Spinning」機構を採用している。また、「3D Active Fan」機能によるセミファンレス動作にも対応している。

n166_25_1024x768
基板よりも大きなサイズの「WINDFORCE 2X」クーラー。熱の移送を担うヒートパイプは1本のみと、クラス相応に設計されている
n166_29_1024x768
メモリチップなどGPUコア周囲もまとめて冷却する大型のアルミベース。中央に「Composite Heat-Pipes」が通り、GPUコアとダイレクトに接触している
n166_26_1024x768 n166_27_1024x768
基板上の設計に合わせた形状のアルミフィン。電源回路やMOSFETなどの周辺コンポーネントもまた、サーマルパッドを介してヒートシンクに接触している
n166_07_1024x768
左右互い違いに回転する、90mm口径のユニークブレードファン。ブレード上に整流効果を高める3Dストライプが刻まれている
totop