エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.723

新世代ミドルGTX 1660 Tiの鉄板はコレ。秀作クーラー搭載のGIGABYTE「GV-N166TOC-6GD」

2019.03.05 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「GV-N166TOC-6GD」を外側から観る

90mmのデュアルファンクーラーを搭載する「GV-N166TOC-6GD」の外形寸法は、W122.02×D225.65×H40.5mm。ATXマザーボード幅に収まる奥行きであり、ミドルレンジのシステムに無理なく搭載可能だ。重量も約555.7gと、ミドルレンジ相応の重さに収まっている。また、背面にはバックプレートを標準装備。放熱性は期待できないが、カードの剛性強化には頼もしい存在だ。

n166_03_1024x768
デュアルファンクーラーを装備した高冷却仕様のGeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカード。外形寸法はW122.02×D225.65×H40.5mmだ
n166_05_1024x768
RGB LEDなどのイルミネーション要素はなし。クーラーカバーはプラスチック製のため、重量は約555.7gとサイズの割に軽い
n166_11_1024x350
n166_12_1024x350
カード厚は2スロット占有。クーラーカバーとバックプレートがカード端で合体しているのが分かる
n166_13_1024x768 PCI-Express補助電源は8pin×1を備える
n166_06_1024x768
カードの剛性を強化する、GIGABYTEロゴ入りのバックプレート。クーラーはプレート越しに合計6個のネジで固定されている
n166_10_1024x768
出力インターフェイスは、DisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1の4系統を搭載。最大4画面の同時出力をサポート、HDMI接続時は最大7,680×4,320ドット(60Hz)の画面出力が可能だ
totop