エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.717

MSIグラフィックスカードの最高峰「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」

2019.02.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

19フェーズもの多段電源回路を搭載するオリジナル基板

画像チェックの締めくくりは、メモリやVRMの冷却も兼ねた「ダイキャストメタルシート」とバックプレートで両面を保護された、オリジナル設計の基板をチェックしていこう。

GPUの持つポテンシャルを最大限に引き出すため、電源回路はリファレンスから3フェーズ増えた16+3フェーズ構成。さらに最高級の12層カスタムPCBや8pin×3の補助電源コネクタを採用することで、極端なチューニングでも安定した電力供給が可能。また基板上には、電圧を測定できる「V-Checkポイント」が用意され、正確な電圧を測定しながら作業を進めることができる。

msi2080til_27_1024x768
基板表面は、メモリやVRMの冷却も兼ねた「ダイキャストメタルシート」で全面が保護されている
msi2080til_29_1024x768
最高級の12層PCBを採用。各種コンポーネントも整然と配置され、美しい仕上がりだ
msi2080til_31_1024x768
Turingアーキテクチャの「TU102」コアを採用するGeForce RTX 2080 Ti。CUDAコア数は4,352基、RTコアは68基、Tensorコアは544基
msi2080til_32_1024x768 msi2080til_34_1024x768
msi2080til_35_1024x768 msi2080til_36_1024x768
GPUコアを囲むように、コの字型に配置された11枚のSamsung製GDDR6メモリ。容量は1枚あたり1GBで、合計11GB
msi2080til_28_1024x768
電源回路はGPUコアの両側に、6フェーズ(左)と13フェーズ(右)に分かれて実装
msi2080til_37_1024x768 msi2080til_38_1024x768
電源回路のMOSFETには、高効率かつ低発熱な「DrMOS」を採用
msi2080til_42_1024x768 msi2080til_41_1024x768
10フェーズに対応するPWMコントローラMonolithic Power Systems「MP2888A」は2基搭載
msi2080til_43_1024x768 msi2080til_39_1024x768
LEDコントローラITE「8295FN」 「Dynamic Dashboard」を制御するリボンケーブルコネクタ
msi2080til_47_1024x768 msi2080til_48_1024x768
テスタを使い、GPUコア、メモリ、PLL、1V8の正確な電圧を測定できる「V-Checkポイント」
msi2080til_44_1024x768 msi2080til_40_1024x768
ファンやLED制御用のコネクタは基板先端にまとめて実装 基板表面の実装密度は比較的低め。また空きパターンもいくつか用意されていた
msi2080til_14_1024x768 msi2080til_15_1024x768
ヒートパイプが内蔵されたカーボンデザインのバックプレート。MSIの資料によれば放熱効果もあるという
msi2080til_16_1024x768
表面に比べると裏面の実装密度はかなり高い
totop