エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.716

世界初の7nmプロセス採用ゲーミンググラフィックス、AMD「Radeon VII」検証

2019.02.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

ベンチマークテスト:Fortnite

次に、バトルロイヤルゲームの⼈気タイトル「Fortnite」のスコアも確認しておこう。描画品質は最高の“エピック”を選択し、解像度は1,920×1,080ドットと3,840×2,160ドットの2パターンに設定。フレームレートの計測には「Fraps」を使い、誤差がなるべくでないよう「リプレイ」機能を使用している。

radeon_vii_106_fortnite_620x370
radeon_vii_107_fortnite_4K_620x370

1,920×1,080ドットでは、最低フレームレートが114fps、平均フレームレートは125fpsを超え、100Hzを超える高リフレッシュレートの液晶ディスプレイでも十分効果が期待できる。ただし、3,840×2,160ドットでは、最高フレームレートが46fps、平均フレームレートは約41fpsに留まり、画質の設定を多少調整する必要がある。なおオーバークロックの効果はいずれの解像度でも「Auto Overclock GPU」が高く、「Fortnite」ではメモリより、GPUのクロックのほうが重要であることがわかる。

ベンチマークテスト:Battlefield 5

ゲーム系ベンチマークテストのラストは、「Battlefield」シリーズ最新作「Battlefield V」をチェックしていこう。描画品質は“最高”、解像度はこれまでと同じ1,920×1,080ドットと3,840×2,160ドットの2パターンに設定。シングルプレイヤーモード「大戦の書」の「最後の虎」をプレイし、GPUOpen「OCAT」を使い平均フレームレートを測定した。

radeon_vii_108_battleV_620x370

1,920×1,080ドットのスコアは約135fpsで、「Fortnite」と同じく高リフレッシュレートの液晶ディスプレイを組み合わせたい。さらに3,840×2,160ドットでもマルチプレイの目安となる60fpsをクリアしており、最高画質で快適なゲームプレイが期待できる。

またオーバークロックの効果を確認すると、「Fortnite」と同じく「Auto Overclock GPU」が高くなった。ここまでのテストを見る限り、「Auto Overclock GPU」と「Auto Overclock Memory」の効果は、環境によって大きく異なることから、プレイするゲームや解像度に合わせて都度切り替えてやるといいだろう。

totop