エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.716

世界初の7nmプロセス採用ゲーミンググラフィックス、AMD「Radeon VII」検証

2019.02.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

GPUコアを囲むように電源回路が配置されたリファレンス基板

続いて、VGAクーラーを取り外した基板側をチェックしていこう。グラフィックスカードの電源回路といえば、縦一列または二列に実装されているものが主流だ。しかし「Radeon VII」のリファレンス基板では、従来ビデオメモリがあったスペースを利用し、GPUコアを囲むように配置されていた。また小型のタンタルコンデンサや、薄型のフェライコアチョークなど、徹底したローハイト設計も特徴だ。

Radeonvii_15_1024x768aa
ビデオメモリがGPUに統合されているため、ハイエンドグラフィックスカードとしては比較的スッキリとした印象
Radeonvii_17_1024x768aa
7nmプロセスで製造された「Radeon VII」。中央にあるGPUコアの両脇には各2枚、計4枚のHBM2メモリを搭載
Radeonvii_16_1024x768aa
グラフィックスカードでは珍しく、GPUコアを囲むように電源回路が配置されていた
Radeonvii_20_1024x768aa Radeonvii_21_1024x768aa
PWMコントローラは、6+2フェーズに対応するInternational Rectifier「IR35217」 MOSFETは、ドライバを統合したInternational Rectifier「TDA21472」
Radeonvii_22_1024x768aa Radeonvii_23_1024x768aa
補助電源コネクタは8pin×2 バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)
Radeonvii_24_1024x768aa Radeonvii_25_1024x768aa
冷却ファンのコネクタは4pinタイプ 白色の2pinコネクタはLEDライティング用
Radeonvii_13_1024x768aa
バックプレートを取り外し、基板の裏面を確認。こちらにも多数のタンタルコンデンサを搭載
Radeonvii_14_1024x768aa 裏面にもInternational Rectifier「IR35217」を実装。表面と合わせて計2基のPWMコントローラを搭載する
totop