エルミタ的「編集部で使ってみた」

AMDの新ハイエンドグラフィックス「Radeon VII」ファーストインプレッション

2019.02.04 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「Radeon VII」コアが埋め込まれた専用スタンド

グラフィックスカードの外観チェックが終わったところで、同梱されていた専用スタンドを観察していこう。クリアデザインの本体右側には、AMDのロゴと「RADEON VII」の文字をデザイン。その左手には「Radeon VII」のコアを埋め込んだ。なお底面の電池ボックスに単四乾電池3本をセットすると、RGB LEDが発光する。

RadeonVii_first_016_1024x768
「Radeon VII」グラフィックスカードをディスプレイするためのクリアスタンド。重量は実測で約2.4kgあり、安定感は抜群だ
RadeonVii_first_020_1024x768
グラフィックスカード設置部分には、滑り止めとPCI-Express端子部分を収めるスペースが設けられている
RadeonVii_first_017_1024x768
本体左側に埋め込まれた「Radeon VII」のコア。中央のGPUコアを囲むように4枚のHBM2メモリが実装されているのが確認できる
RadeonVii_first_018_1024x768 RadeonVii_first_019_1024x768
本体右側には「AMD」ロゴと「RADEON VII」の文字がデザインされていた 本体裏面には滑り止め用の6つのゴム足と電池ボックスを搭載
RadeonVii_first_021_1024x768
RadeonVii_first_022_1024x768 RadeonVii_first_023_1024x768
LEDイルミネーションのカラーは自動で切り替わる
RadeonVii_first_024_1024x768

パフォーマンスレビューも近日公開予定

編集部では「Radeon VII」評価キットによるパフォーマンス検証を実施中。結果は近日中に公開する予定なので、しばしお待ち頂きたい。

RadeonVii_first_025_1024x768
Core i9-9900KとIntel Z390チップで構成されたシステムで鋭意パフォーマンステスト実施中

協力:日本AMD株式会社

totop