エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.715

これで全てが分かる。GAMDIAS「TALOS P1」徹底解説

2019.01.31 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

配線を美しく魅せるケーブルマネジメント機構

「TALOS P1」は、両サイドパネルに強化ガラスを採用。左右からPCケース内部が丸見えというワケだ。そこで気になるのが、ケーブルマネジメント機構だろう。裏配線スペースでケーブルが行き交う右サイドパネル側は、密閉型に比べ、”ケーブルさばき”のテクニックがものを言う。マザーボードトレイを境に、表裏を行き交うスルーホールを上手に使い、”魅せる配線”に挑戦してほしい。ここでは「TALOS P1」を美しく組み込むための仕掛けをチェックしよう。

talos_09_1024x768
いわゆる”裏配線”が行われるマザーボードトレイ背面。ただし強化ガラスを標準装備する「TALOS P1」では、右側面の見映えも重要になってくる
talos_41_1024x768 talos_48_1024x768
マザーボード搭載エリア右手のグロメット付きスルーホールは合計6つが用意されている CPU補助電源コネクタへのアクセスを容易にするスルーホールは2つ
talos_49_1024x768 talos_50_1024x768
ハブの上部にはグロメット無しのスルーホール。開口部は比較的広い印象 ボトムカバーはPCIe電源ケーブルやマザーボードの各種ヘッダピンケーブル用に活躍
talos_51_1024x768 talos_69_1024x768
要所に設けられた穴は、タイラップやワイヤーを固定するためのもの 裏配線スペースは実測で約25mm。ミドルタワーPCケースとしては標準的な数値だ

GAMDIAS「TALOS P1」の付属品総点検

一通りのチェックが済んだところで、GAMDIAS「TALOS P1」に付属するパーツ類をチェックする。組み込みに必要なネジ類はひとまとめにジッパー袋に詰め込み、マザーボードトレイにワイヤーで括られていた。つまりアクセサリーボックス等は省略されている。やや素っ気ない印象だが、付属品内容も実にシンプル。モデル特有のネジは使用されておらず、万一の紛失時でも代用が利く。付属品点数が少ないことは決して悪い事ではなく、組み込みがし易い事を意味する。ユーザーにとってはネジのチョイスを迷う事なく、スムーズに作業ができるだろう。
 なお、各パーツ名はマニュアル表記に準拠。カッコ内は同梱数を表している。増設パーツをフル装備した場合、「Screw M3x5mm」が不足するため、多少余分に用意しておく事をオススメしたい。

talos_35_1024x768 talos_36_1024x768
Stand-off #32x6mm(3) Motherboard Screw #6x6mm(6) PSU
talos_38_1024x768 talos_37_1024x768
Screw #6x5mm(8) HDD Screw M3x5mm(16) 2.5″HDD/Motherboard/ODD
talos_32_1024x768 talos_34_1024x768
Cable Tie(5) Cable Management Buzzer(1) Motherboard Alarm
talos_33_1024x768 talos_52_1024x768
Wiping Cloth(1) Cleaning the Surface マニュアル
totop